« 豆腐ようを | トップページ | 名も知らぬ花 »

2004年3月 3日 (水曜日)

今回のアジを

日曜日に釣ったアジ、昨夜は友達が二人来たのでちょっと見た目も意識したりして料理してみました。

30センチちょいの大きなアジは姿造りにしてレモン醤油で
20040302_224217.jpg
鱗を取ったら頭の後ろに包丁を入れて中骨に当たったら反対側も同じようにして。
あとは普通に包丁で身と骨をわけましょう。簡単に出来ますよ。
写真は1.5尾分の身が乗ってます。

ああっ!エラ取るの忘れた~!(^_^;


ただのタタキではつまらないのでユッケで
20040302_224927.jpg
三枚に卸したアジをタタキにして皿に盛り、刻み葱とゴマ油がミソ。白ゴマも少々。
醤油をたらしてグルグル混ぜてスプーンですくって食べましょう。
温かいご飯に乗せて刻み海苔をちらして食べると美味しいよん!


小さめのアジは南蛮漬けで
20040302_225739.jpg
小さいと言っても今回は中アジの小くらいのサイズだったので、鱗を落としてゼイゴを取って頭を落としてワタを抜いて水気を良く切って粉をはたいて二度揚げしたものを玉葱、パブリカとともに付け汁(色々なところでレシピを見て適当に応用(^^;)に漬けます。
3日ほど置くと骨まで柔らかくなるらしいけど月曜日に作ったのでまだ骨がしっかりしていて中骨は食べられません!
添えてあるグリーンは鉢で育てているイタリアンパセリだす。


ひとりで食べる朝食はオーソドックスに塩焼き
20040301_082836.jpg
新鮮なアジは塩焼きで食べても魚屋さんで買うアジとは味が違います!
身がふっくらとしていて骨からの身離れも抜群。


友達にも20尾以上あげたけどまだ残っているから梅干し煮とかにしちゃおっかなぁ・・

|

« 豆腐ようを | トップページ | 名も知らぬ花 »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

アジ~~~
すごいレパートリーですな
うまっそぉ~(><)

ゲゲゲのげ~
カウンター1日でもう138人?

投稿: リサぼん | 2004年3月 3日 (水曜日) 23:48

じゅるるる~。
たぬきさんとこの子供に生まれたかった~。
そしたら美味いもの食べ放題♪
いろんな遊びも教えてもらって言う事なしかも~(^^)

投稿: にゃんぞー | 2004年3月 4日 (木曜日) 10:14

リサぼん、こんなのすごいレパートリーに入らないっす
しかしここに挙げたメヌー(南部訛り(岩手の南部ぢゃねーぞ!))は極々オーソドックスなものであり、基本でもあるのだす
あと考えられるのは産地とか時期なんだけど、人間の五感も結構いい加減なもんだからね

一番美味しいのは一番記憶に残る味だろうさ
そま味を求めて俺の旅は続くのさ

投稿: たぬき | 2004年3月 4日 (木曜日) 21:48

最初に謝っておくね
今夜もヨッパなのさ
消防の訓練って言うかなんつ~か・・
守秘義務があって多くは話せないけどさ

金で買えるものが全てじゃないってことを教えてあげたいね
人は寄り添って生きるもの

包丁持つ手が震えるぜ~

投稿: たぬき | 2004年3月 4日 (木曜日) 21:55

アジ釣りがなんといっても一番おもしろいかも
知れませんね、大物も良いけれど、確実に釣れるアジは
おもしろいです!
私も釣りは趣味です、海もひじょうに近いところに
住んでます。

アイナメもおもしろいですね。

投稿: | 2004年3月 4日 (木曜日) 22:31

純さん

釣りは小物大物問わず自分が楽しめて、尚かつお土産があるのがいいですね
アジと言う魚、意外と種類も多く地域によって味も食べ方も違って奥の深い魚だと思います

確実に釣れる・・と言うと ? ですが、あちこちのアジを季節ごと美味しい食べ方を探りたいですね
何か情報ありましたらお願いします(^^)/

アイナメ
釣るのも食べるのも好きです
掛かると糸と竿を通してグイグイと首を振る手応えですぐにアイナメだとわかります(^^)
美味しい魚ですが、これまた「いつ、どこで、釣れたものを、どうやって食べたら美味しいのか?」を知ろうとすると奥が深いと思います

ちなみに過去私が一番美味しいと思ったのは5月初めに千葉の飯岡で釣ったものを3日寝かせて刺身で頂いたものです

投稿: たぬき | 2004年3月 4日 (木曜日) 22:47

∑(; ̄□ ̄はう?
昨日から70人も増えてるじゃん

訪問者増えて
はじゅかちい~(/-\*)

投稿: リサぼん | 2004年3月 5日 (金曜日) 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回のアジを:

« 豆腐ようを | トップページ | 名も知らぬ花 »