« マルイカもらったので | トップページ | こうさぎに背景を設定 »

2004年6月 6日 (日曜日)

アナゴ釣りの話

そう言えばアナゴ釣り。

5時20分にギリギリで船宿到着し、受付を済ませて船に乗り込む。客は6人くらい?右舷ミヨシの次に入る。
購入したビールを1本グィと飲み干して竿に糸を通して仕掛けを準備する。
錘は夜光塗装済みの茄子型30号。他の船宿だと15~25号くらいなんだけどこの船宿は割りと潮の速いところで釣らすから錘も重め。
鈎は結んであったのだが絡み止めのチューブを被していなかったので受付で船宿仕掛けの糸付き鈎4本セットを購入。錘上にサルカンを介して鈎を1本付ける。

5時30分定刻もやいが解かれて鶴見川をゆるゆると船は下る。
前部のキャビンに潜り込んで釣り場到着まで一眠り。
この船、ボロイけどキャビンが禁煙では無く灰皿が付いているところがヘビースモーカーの俺には嬉しい。

エンジンがスローになっとので目覚め、外に出てみると君津の沖あたり?岸からは大分離れていたので中ノ瀬辺りだったのかも知れない。
錨が入れられて船が落ち着いたので青イソを鈎にたんまり付けて仕掛けを降ろすと水深は15メートルくらいだったかな。
コツコツと海底を小突いていると派手なアタリで、ちょいと間を置いてアワセをくれて巻き上げるとまずまずサイズのシロギス。
続けてもうひとつ同サイズのシロギス追加。回りでは釣れてる様子が無く、暫くして潮回り一度目。

結局最初に本命が釣れたのは開始後1時間以上経過して2度程場所換えしたところ。
結構な重量感と独特の引きで上がったアナゴのサイズは大きくて満足できたが、何しろアタリ自体が少ないので飽きるけど宵闇に包まれる東京湾の夜景を遠くに見ながらコツコツと小突くしか無い。
結局アナゴの喰いが渋いのは9時半の沖揚がりまで続いて竿頭で8本という貧果。
俺っちは船宿仕掛けの悲しさか、2度もハリスがチモトで切れると言う悲劇。
全部で4本しか掛けられなかったのに だ。
まあ、自己責任だから仕方無いけれど、ちょっと頭きたぜ。(--;

でも最後に「船頭さんからです」とアナゴ3本をもらったのは嬉しかった。(*^o^*)


今朝のブランチとしてアナゴを食べてみた。

串に刺して炭熾すの面倒だから手抜きしてガス台に焼き網で弱火にて炙る。

炙ってる時間を利用してタレ作り兼煮アナゴ作り。
酒、味醂、醤油を同等割りに水飴が無いので蜂蜜で甘みを。(^_^;
頭と中骨も入れてコクを出すのだが、このタレ、すげー美味しく出来ました~!(^^)v


白焼きは山葵醤油で頂きましたが適度な脂の乗りでとても美味。
20040606_101416.jpg


炙った白焼きの仕上げに2度ほどタレを塗って焼いたものと煮アナゴをご飯に乗せてアナゴ丼。
美味しくてご飯追加してしまいました。f(^^;
20040606_101639.jpg

|

« マルイカもらったので | トップページ | こうさぎに背景を設定 »

釣り」カテゴリの記事

男の料理」カテゴリの記事

コメント

美味しそうれす。
イカも、アナゴも食べさせてくらさいな!
風邪引いて、えらい!って くたばっとったのに
それでも行くか~~ぁ???
でも 夕陽が綺麗だったね。
海が近くて羨ましいです!

投稿: たかさん | 2004年6月 6日 (日曜日) 12:59

すごく美味しかったよん♪
イカは自分でも行こうと思ってたところに頂いたのでラッキー!って感じだね。

時には無理をしてでも遊びに行きたい時もあるのさ。
時間は取り戻せないからさ、時間が少しでもあって遊びたいって思った時が遊びどき。

海が近い奴は山を恋しがって、山に住む人は海を夢見る。
人は皆無い物ねだりなのさ。。

って俺だけかな?(^^;

投稿: たぬき | 2004年6月 6日 (日曜日) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナゴ釣りの話:

« マルイカもらったので | トップページ | こうさぎに背景を設定 »