« 最終日の朝食 | トップページ | サンマの季節到来 »

2004年8月17日 (火曜日)

登戸の梨狩り

今年も川崎の梨狩りに行って来ました。

朝食を済ませて子供達を車に乗せてお得意先に顔を出し、その足で多摩川に沿って上流へ向かいました。
キャンプ中から「お父さん、梨狩り行きたい~~」とせがまれていたので、俺にとっての夏休み最終日は梨を食べに行くこととなる。

去年も行ったんだけど道が細い上にかなりごちゃごちゃしているところに農園があったので一発で辿り着けるか心配だったけど何とか到着。
南武線の登戸、中之島辺りの農家で梨狩りをさせてもらえる。

入園料みたいなものは無くて、穫った分だけお金を払って持ち帰ると言う方法。
梨だけじゃなくて畑にあるもの殆どの作物が対価さえ払えば摘んで持ち帰ることが出来る。
何があったかなぁ・・ 例えばミニトマト、キュウリ、キウイフルーツ、大葉なんてのもあった。
でも特に欲しい作物は無かったので梨だけ頂くことに。

農園の旦那さんに「ジューシーな梨がいいなぁ」と言うと「それじゃがいいかな」と言うことでと言う品種をもぐことにする。
今では栽培農家の数も減ってしまったようだけど、この辺りは昔から梨の栽培が盛んだったようで、ここによると川崎で生み出された品種もいくつかあるようですな。

img20040817_110057.jpg

梨畑は樹が低く俺の身長だとずっとかがんだまま進まなければならない。これって結構しんどいのだ。
樹の枝が無くてワイヤーの支柱が張り巡らされている隙間から頭を出し、直立の姿勢で居ると楽なので梨をもぐのを子供達に任せて自分は立ったまま様子を見ていた。

もぎ頃の梨は被っている袋をちょっと広げてみて梨の色が緑だとちょっと早くて、黄色っぽくなっているのをもぎとるのである。

ある程度もぎとって籠に入れたものを農園入り口に持って行き、袋に入れてもらう。
旦那さんはもぎ取ったのとは別の梨と縁台をふたつ持って来てくれて、そこに座って貸してくれた包丁で皮を剥いて梨を頂く。
旭と言う品種はあまり店頭で見ないような気がするけど、味はリンゴと梨を足して2で割ったような感じかな?
結構歯応えがあって、すっきりした酸味と甘みのバランスが丁度いい感じ。甘いだけの梨よりも俺はおいしいと思う。ただ、思っていたよりも果汁が少なかったかなと思うけど、サービスで出された梨はちょっち小さめだったからか。(^^;
食べ終えるとまた2つ梨を持ってきてくれたが、こちらは高水?
来月になったらまた別の品種が食べ頃になるのでまた行ってみることにしよう。
二十世紀が食べたいな。

|

« 最終日の朝食 | トップページ | サンマの季節到来 »

季節の便り」カテゴリの記事

コメント

腰痛持ちは、梨狩りはダメですね(^^;

二十世紀が食べたいなんて ツウですな~

私は、甘味・果汁タップリの 幸水、豊水が好きです!
やっぱ おこちゃま好みなのねん。

投稿: たかさん | 2004年8月18日 (水曜日) 07:41

たかさん、毎度♪

木が低くて小学校低学年でも梨に手が届くのはいいんだけど、腰かがめて歩かなくちゃいけないから腰痛持ちにはほんとに辛いぜ!

そっちでも梨狩りって出来るの?
もぎたての梨でって包丁で剥いててもどんどん果汁がほとばしる感じでうまいんだよね~!
昨日の旭はそうでもなかったけどさ。(^_^;

今年は色んな品種食べ比べてみよっと。

投稿: たぬき | 2004年8月18日 (水曜日) 17:52

ナシナシナシナシ!!!!!食べたいよ~~~!!
ウチのヨメ様は、二十世紀出身なので、秋には毎年、届くことになっています。って、農家ではないんですが。。。
と言うことは、タヌ様、今年は贈るけん!

投稿: 高橋ダメパパ | 2004年8月19日 (木曜日) 07:13

梨好きのダメパパはん、毎度~♪

あっしも20世紀産まれだから二十世紀が好きなのか?
本日遅ればせながら旭をお届けして素敵なお嫁さんからオミヤゲ受け取りました。m(_ _)m
早速スースーしてみましたがあれってストロングタイプかしら?
キっツ~って感じですっきりしゃきしゃきざんした♪

サンキューベリマッチョ~♪\(^◇^)/

投稿: たぬき | 2004年8月20日 (金曜日) 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登戸の梨狩り:

« 最終日の朝食 | トップページ | サンマの季節到来 »