« 走水ビシ鯵釣り | トップページ | かるだもんのカレー »

2004年9月14日 (火曜日)

ハゼ竿作り始めました~

今年の初めに竿作りを本格的に再開しようと思っていつつ、だらだらと怠惰な日々を送り続ける俺。
ここのところ毎年11月初め頃に茨城県の涸沼でやらかすハゼ天麩羅船で使おうとハゼ竿を作り始めた。

暫く休んでいた和竿作り教室に今月からまた通院し始め、1日に竹を選んで師匠に火入れしてもらって長さを合わせて切り組んで下仕事を始めたのである。
一緒に治療を受けているしろくまさんとヒロミGOはその夜ヘチ竿の素材3組ずつを持ち帰った。

次の週、自宅で何もせず先週のままの竹を持って行った俺はしろくまさんとヒロミがしっかり持ち帰り仕事で糸を巻いて漆で糸決めして持ってきたのに焦った。ガーン!!なのだ。
何もしてないの俺だけじゃん?
焦燥感だけは一人前に感じるんだけど、その後も相変わらずのんべんだらりの生活を繰り返し、また病室に行く水曜日が近づいて来たことに焦りを感じたので流石に昨夜はしっかりスゲ口をきしゃいでヤスリ掛けて糸巻きして瀬〆漆で糸決めした。

20040913_214020.jpg

最後に漆を塗ったのいつだっけ?A^^;)
刷毛の手入れをするへんのう油がやたらと濃い。
漆チューブの栓が固まってて開かない。
塗る前から苦戦を強いられることに。。

幸いチューブを破くことなく定盤に漆を出せたのは良いが、漆の粘度も相当上がってまっせ~?(T^T)
この夏の暑さのせいだろうけど、部屋の中のタッパーに入れっぱなしだったしなぁ。
他の漆達は元気でいるのだろうか?
仕上げの胴塗りに使う一番高価な生正味は無事なのだろうか?
とてつもない不安が頭をよぎる。

しかし今朝漆室を開けてみると、しっかり漆は乾いていてくれた。
これで明日はもう一歩前に進むことが出来る。

でもって、今夜は作りかけの竿達でもいぢってやるかと思いきや、この量は一体なんじゃ~!って感じ。
下漆の段階の竿だけでこんなんあるし、もうどれとどれがセットになってるのかを探すのだけでも半日掛かりそう。まるでパズルじゃ。。

その他にも修理を頼まれてる竿が何本?
ガイドを付ければ仕上がりの竿は?
あと覆輪を引くだけで出来上がりのは?

こんなんなるまで放置していた俺が馬鹿だった。。
あと2ヶ月もすればまた漆が乾かなくてくろうする季節が迫っているのに。

蟻とキリギリスの話が頭の中をぐるぐる回る。


|

« 走水ビシ鯵釣り | トップページ | かるだもんのカレー »

竿作り」カテゴリの記事

コメント

たぬきさん

ご無沙汰です(^^;
あれっ、文字化けしている。
涸沼のハゼ釣りまでに竿を宜しくね。
今年は鮎がダメでハゼに期待しているのよ。
大垣さんも何か頼んでるみたいですね。
心配しちょりました。

〜CHAP〜

投稿: CHAP | 2004年9月15日 (水曜日) 19:11

CHAPさん、ご無沙汰してます。m(_ _)m

あら見てたのね~?
って感じ。(^_^;;

母さん、僕のカワハギ竿、どうしたのでせうね
ええ、夏、碓氷から霧積へゆく道で、
たぬきに預けたあの竿ですよ。

涸沼に行く前に逢う予定がありましたよね?
それまでに頑張ってみます!!


でも頑張って駄目だったら許してください。m(_ _;m

投稿: たぬき | 2004年9月15日 (水曜日) 23:25

竿作り作業再開おめでとうございます。
中断、新規再開の繰り返しのなせる技
大量出来かけストック、楽しそうですね。(w
私の方も大量出来かけストックかなりあります。
皆同じ(そんなことはないか)

投稿: スー | 2004年9月18日 (土曜日) 14:45

おかげさまでせっせと毎日作業させて頂きまして、昨日もちゃんと呑み会に行く前に漆を塗り、へべれけで帰宅してしっかり室を開けて竿を取り出すといった真面目振り。
真面目にやりすぎて風が吹いたのか。
明日は釣りに行けないかも。。

投稿: たぬき | 2004年9月18日 (土曜日) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゼ竿作り始めました~:

« 走水ビシ鯵釣り | トップページ | かるだもんのカレー »