« 長風呂の理由は・・ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! »

2004年9月30日 (木曜日)

竿尻に

20040930_192352.jpg

これは一体なんでしょう?

別の角度から見るとこんな感じ。
20040930_192419.jpg

これは白水牛の角として売られている板状に加工した水牛の角です。
先月から作り始めたハゼ竿の竿尻に強力な接着剤で貼り付けてあるので多少の力を入れても全然剥がれたりしませんよ。
東急ハンズで1枚3千円くらいだったかな?
1枚の板を友達の大工さんのところの電動ノコで10枚に切り分けてもらったうちの1枚を今回使用。

これをしこしこ平ヤスリでゴリゴリ整形して竹と同じ形になるまで荒削りをし、その後は紙ヤスリの240番で大雑把に削ってから400番のヤスリでグリグリ回しながら仕上げ。
2本削るのに2時間近く掛かっちゃったし。。

で、出来上がったのがこれ
まだ完璧じゃないけれどあともう少し更に細かいペーパーでツルツルに仕上げれば竿尻の処理は完了。

あと少し込みの部分を呂色漆で塗り、口巻きを朱漆で2回塗って研げばやっと胴塗りに入れます。

|

« 長風呂の理由は・・ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! »

竿作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竿尻に:

« 長風呂の理由は・・ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! »