« 南房総リレー釣り | トップページ | アオリイカを食す »

2004年10月26日 (火曜日)

思い切りADHD

俺はADHDである。
医師の診察は受けたことが無いが、多分間違い無い。
自分がADHDであると解ったのは、もう5.6年前になるか?元女房が持って来たへんてこな贈り物という本を読み進むにつれ頭を思い切り殴られたようなそんなショックを覚えた。

昔から「変な奴」と言われ続けていたのだが何故「変」なのかの謎が解けたのが凄く嬉しかった。
そしてすぐに良く知ってる「こいつも絶対ADHDだ!」と思われる友人二人に電話をしてその本を読むように勧めたのだが一人はとても興味を示し、一人は本を読むことを拒んだ。

で、どんな感じだとADHDな奴なのかを自分の子供の頃を振り返って思い出してみよう。

俺の実家は俺が生まれた頃にはもう自宅兼店で商売をやっていて、家には使用人が多い時で5人位住み込んでいたような。
両親とも店で働いていたので家事を賄うのに通いのお手伝いさんが居たり、俺より10こ年上のお袋の兄さんの子供(従姉妹)やお袋の母親、つまりお祖母ちゃんが住み込みで店をやったり食事の支度や家の中の家事一般を手伝っていたのだ。
子供も姉、兄、俺、弟、妹と兎に角やたら人が多くていつもごちゃごちゃしている家だった。
保育園の頃は姉、兄と一緒の部屋だったが小学校に入る頃になると男3人と女2人に分けられて男の子供部屋は確か4畳半に二段ベッドで弟と兄が一緒に寝ていたような記憶が。。

保育園には2年通ったけどガキ大将で、家では兄貴と喧嘩して泣かされたりもしてたけど保育園では絶対に泣かなかった。変なプライドがあったのかな?良く遊ぶ友達が何人か居て、保育園から帰ると一人で歩いて友達の居る方面に遠征して行き、その子の家や公園、空き地などで毎日夕方まで遊んでは帰った。
今考えると結構な距離で、近い子の家でも1㎞は離れていたな。自転車に乗れるようになったのは小学校に上がってからと奥手だったので全て徒歩での移動。でも疲れるなんてことは知らなかった。

当時は今みたいに親が子供に付き着っきりで遊んだりってことは全く無かったように思う。勿論家族での旅行や映画や遊園地、外食に連れて行ってもらったりって言うのは別で。
親は親で忙しかったし、子供ながらに親は遊ぶ相手では無くて自分よりもずっと位が上の人間で大人の世界で生きてるものだと考えていた。
外に遊びに行かない時は良く本を読んでいて、植物や動物の図鑑や童話が好きで同じ本を何度も何度も飽きずに繰り返し読んでいて、特に小動物の育て方や植物の育て方が書いてある本はお気に入りで書いてあることを実践したくて良く親に頼んで亀を買ってもらったり小鳥や鶏、ウズラに猫に昆虫の類と色々なものを飼ったものだ。
お店で働く若い衆さん達も飼育する箱を木のリンゴ箱に金網を張って作ってくれたりアドバイスをしてくれたり大きな鳥小屋を作ったりと結構一緒に楽しんでいたような。
屋上には花壇があって、そこに自分用のスペースをもらって野菜や花の種を蒔いたりしては育ててみたし金魚なんてのも風呂桶の何倍もあるような深さ1.5メートルくらいの大きな釣りが出来そうな入れ物で飼っていた。

小学校に上がると、離れた場所にあった保育園から同じ学校には殆ど友達も来ず、少し寂しい思いもしていて1.2年の時は男の子よりも女の子の家に放課後遊びに行くことが殆どだったような。。
自分では良く覚えて無いんだけど、その頃の俺はとても乱暴者で大人になってから再会した当時の俺を知る友人によると殆どクラス全員の子を殴ったり蹴ったりしていたそうな。他のクラスの子も怖がっていたと聞く。
保護者会に出たお袋は他の親達から俺の事で責められて恥ずかしいやら悲しいやらでいたたまれなかったと聞いた。
近所のこの家に良く菓子折を持ってお袋と謝りにも行ったな。夕方とか夜、家の部屋で遊んでいると親父が俺の名前を呼んでちょっと来いって。いつも何かしら後ろめたいことがあったので叱られるってことは俺を呼ぶ口調からしてすぐに解る。
「お前今日○○さんに何をした?」って殴られてお袋と一緒に謝りに行く。女の子の家、男の子の家、何度も同じ家に行くこともしばしば。A^^;)

授業は退屈でつまらない時間でしか無かった。体育もそれほど得意じゃ無かったし勉強全般がずーっと嫌いだった。
授業中は机の上で何かをして遊んでいるか近くの席の子に話しかけたり授業と関係無いことを話したりして授業を妨害したり。
つまらないと背をかがめて教室を抜け出しては校庭に出て一人で遊んでたり池の鯉を掬ったりしてたこともあった。
学校からは教育相談所みたいなところに行くことを勧められ、電車に乗って隣の駅にある教育センターみたいなところに何度か通ったことがある。親が担当者と面談している間、俺は砂場や遊び道具がふんだんにある別の部屋で遊んでいるのだ。大人同士の話が終わって俺も呼ばれると、今まで自分の遊んでいた部屋の鏡になっていたところが大人の側から見ると丸見えで、マジックミラーの存在を知ったのはその時が最初。
特殊学級(最近名称が変わるようなことをニュースで言っていたが・・)に入ることも検討されていたようだが、母親が頭を下げて何とかそれだけは免れたらしい。知能テストもやらされたが、その結果は意外と良くて親は担当者から「足りないのは親の愛情です」と言われてショックだったらしい。あとで聞いた話なのだが。。

5人の子供を育てると言うことは自分も同じように経験して解ったことだが、一人ずつ面白いように個性が違うのである。同じ親から生まれて同じ家で暮らして同じようなものを食べて育った子供達なんだけど、生まれ持った個性があるんだよね。
俺はその頃から休みの日になると親父に連れられてヘラ鮒の釣り堀や海の船釣りに出掛けたりするようになった。
普段の日は色々な習い事を体験させられたけど、結局長続きしたのは警察署で習っていた剣道と家からかなり離れた場所にあるスイミングスクールだけだったな。習字、お絵描き、珠算、学習塾と通ってみたけどどれも長続きしなかった。
勉強も出来なかったから家では兄弟まとめて家庭教師が来たり高そうな教材を買ってくれたりと親は色々してくれたっけ。


また気が向いたらこの後のことを書くことにしよう。

|

« 南房総リレー釣り | トップページ | アオリイカを食す »

ADHD」カテゴリの記事

コメント

たぬきさんへ

多分これを書かれている時、寂びしかったのですね、、、、、
己に目を向けるというのは大変な事。。。
今はそれしか云えません。。

投稿: おまっちゃん | 2004年10月27日 (水曜日) 11:27

おまっちゃん、コメントありがとうございます。

ん~、寂しかったって訳じゃ無いんですけど退屈してたし音楽も聴いて無かったのでついうだうだと書き連ねてしまいました。(^^;
思いついたままでしたので書き漏らしてること沢山有ると思いますが(何しろ昔のことですので・・)また何か思い出したら書いてみますよ。

投稿: たぬき | 2004年10月27日 (水曜日) 17:08

たぬたぬを 真近に見てないから解らないけど、
何か生活に支障きたしてる?

私が見ている分には、毎日とても楽しそうに
自分の人生をエンジョイしている様で、羨ましく
映るんだけどね!
マメに皆のお世話してるし、自分も楽しんでるし。。。
私は、たぬたぬの爪の垢が欲しい!と思う位だよ。

これって個性って考えたらダメなのかな?
自分はまともだ!って言ってる人ほど、???って人だったり
するしさ~

投稿: たかさん | 2004年10月28日 (木曜日) 19:34

たかさん、確かにネット上でしかお付き合いが無いから俺の事はイメージでしか解らないよね?

何事も無い人にとっては普通にどこにでも居るような男で、さして目立つ訳でも無いし静かなものよ。
だけど身近な人になると迷惑掛けてるんだろな~ってね。

典型的なわがまま野郎で何事も中途半端。
でも何か面白いところがあるみたいで好いてくれる人は好いてくれるし嫌いだと思う人には嫌われるね。当たり前か。

人って「思えば思われる」で不思議とこっちが思ってると相手も思ってくれてるもんだよね。かっこつけてる奴とはどうもウマが合わないんだわ。

あ、俺か?(^_^;

投稿: たぬき | 2004年10月28日 (木曜日) 20:22

類は友を呼ぶ。
傍ら見て似たもの同士が集まるんですわ。。人間って。
何でもそうでしょ、よく見ると。(笑)

今までの事を帰り見て反省したりはいいのですが、それによって罪悪感を感じたりして自己否定的な行動をとら無ければいいのでは?だって人に迷惑かけているわけじゃないのだし。
それが迷惑なら迷惑と思っている人はたぬきさんの周りには集まらんのだと、私はおもふ。。。

投稿: おまっちゃん | 2004年10月29日 (金曜日) 11:10

おまっちゃん、確かに類は友を呼びますね。
私と気が合う人に共通して言えるのは良くも悪くも個性が強く自分を持っているってことかな?
付和雷同型の人間は居たとしても単なる知り合いの範囲にしかなりません。
お互いに刺激を求め合う人と良く遊ぶようになっちゃいます。

投稿: たぬき | 2004年10月30日 (土曜日) 08:20

その主任とやらが馬鹿である!!大馬鹿野郎である!!俺も頭にくる!!今、クツクツと胃袋がわいている!!
業者に対してナメテかかるやつは嫌いである!
いや、人間として最低だろ!
俺の取引先にもいるのである!馬鹿が!!!
わけぇくせに、その会社の看板背負ってるからといって、なめた口聞くんじゃねぇぞ!!!ごらぁ!
てめぇ、その会社辞めたら、、、、、、、暗い夜道にゃ気おつけろよ!!である!

ま、馬鹿は相手にできねぇな!
ということで、タヌキさん、やはり貴方はADSLに決定!あ?ADHD?ん???(笑)

投稿: 高橋ダメパパ | 2004年12月23日 (木曜日) 04:39

なんか凄くチカラは行ってますね?仕事絡みの人間関係に何かあった直後だったのでしょうか?(^_^;
あとでその主任に近い別部署の若者と呑んだときに聞いたその主任の人となりは、業者とか同じ職場とか関係なく小さなことで突然ぶちキレして「訳わかんないっすよ(--;」って人間のようです。
きっと家庭であったゴタゴタやウサを翌日の職場で発散させるタイプの輩なのでしょう。

お互いにそういう寂しい人間にならないように気を付けましょうね。

投稿: たぬき | 2004年12月25日 (土曜日) 20:41

パパさん!いいじゃないですかっ!
んーーーなやな人間をパパさんがやらずに
すんでいるのもそのやなヤツが代わりに
やってくれてるんだと・・・・

馬鹿には馬鹿なりの人生があるのですから、
馬鹿を相手にしても自分が馬鹿を見るので、
馬鹿は見ないことが一番です。。
上から見下してやりませう、腹も立ちゃぁしませんぜ!!    ・・・・・フォローになったかしら?????

投稿: おまっちゃん | 2004年12月26日 (日曜日) 01:26

ここの事最近知って一言言わずには気が済まず。。。たぬきさん、あなたのそれは個性です。絶対個性ですっ(o♯--)って力はいってどーすんの!わがままで中途半端なんて思ったこともありやせん!
Aあほで、Dだめな、H○川のD旦那。ならわかる。

投稿: ゆっきん | 2005年8月14日 (日曜日) 01:18

ゆっきん、こばわん♪
俺はゆっきんの前ではいいところしか見せて無かったのかも知れない。人には裏の部分ってのがあるもので、激しくだらしなかったり片付けが下手なのは今も全く変わらず。
自分がそういう奴だと解ってからは何故かほっとしたし、それが恥ずかしいことだとも思って無いから安心してちょ。
今回キャンプに行った時にリタリンを持参して来た子がいましたよ。(^_^; 俺はあまり飲ませたく無いし子供も飲みたがらないんだけど元妻が飲ませたがってるみたい。あまりに活発で手に負えないらしいから。
俺はもうオトナだから自制出来るけど、確かに一番下の子なんてかなり調子に乗るからね。そんな時はビシっと叱ったりするけど女親だけじゃなめられるところあるのかも。

あたしゃアホでドスケベでエッチなダンナですから。(^^ゞ

投稿: たぬき | 2005年8月17日 (水曜日) 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い切りADHD:

« 南房総リレー釣り | トップページ | アオリイカを食す »