« 火災出場 | トップページ | 出港! »

2005年4月23日 (土曜日)

カサゴの煮こごり

日曜日に釣った大きめのカサゴで煮こごりを作ってみた。
皮がプリプリしてていかにもゼラチン質有りますって感じだったもんで・・

使ったのは半身で、もう半分は刺身でアラは鍋の出汁に。
刺身は3日置いてから食え と言われてましたが納得。プリプリ過ぎて歯ごたえ凄すぎ。

作り方は至って簡単。
普通に下処理(エラと鱗と内臓を取る)をして3枚おろし。皮はそのままで骨は骨抜きで取り除いてね。
そしたら身を適当な大きさにぶつ切りにしたら鍋に入れ、身が出ない程度よりもちょいと多めの水を張って火にかける。
アクを取り除きながら有る程度火が通ったら、ザルで魚の身を掬う。汁は捨てないでね。
取り出した身を小さくほぐして再度汁に入れ、酒、醤油、砂糖、みりんで好みの味付けをしたら平べったい器に流し込んで荒熱が取れたら冷蔵庫へ。

次の日になればプリンプリンした煮こごりが出来てるので、適当な大きさに切って器に盛り、木の芽を飾り付けて酒の肴でちびちびつまもう。
炊きたて熱々のご飯に乗せると溶けだしたスープがご飯と絡み合ってこいつはんまい!!たまらね~ぜ!!ってことになります。

20050422_123400

あと何の魚で出来るんでしょね?

ヒラメ
コチ
カレイ
etc・・

料理のテキスト見たりすると粉ゼラチン入れるようなこと書いてあるけど、もしも入れるんだったらほんの少しで良いでしょう。まぁ魚の種類にもよるんでしょうが。

酒の肴にするんだったらやや濃い目の味付け
ご飯のおかずだったら薄味でどうぞ

|

« 火災出場 | トップページ | 出港! »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コラーゲン たっぷり~ぃ
お肌もプリプリ~ 皺も出来ないよね!?
関節にもいいんだよね!

豚の角煮しても煮こごりになるよね!

投稿: たかさん | 2005年4月24日 (日曜日) 19:16

たかさん、おはよん♪

見慣れない漢字があったから調べたら「シワ」だったのか。
そう言われてみれば日光に当たる機会の多いオイラもそれほど皺は無いねぇ。人よりコラーゲン含む食物摂ることが多いからかも。
鶏肉は煮こごり出来るけど豚のあれはラードが固まるんとちゃうかな?

投稿: たぬき | 2005年4月25日 (月曜日) 07:05

(* ̄∀ ̄)"b" チッチッチッ
ラードの下の層に出来てるよ~ん。
筋とかその辺からコラーゲンのゼラチン質が出てるんじゃない?

鶏肉ほど 煮こごり感は強くないけどさ

投稿: たかさん | 2005年4月25日 (月曜日) 23:38

マヂ?
確かにちょっち固まってるな~って思ってたけどちゃんと観察してませんでした~!
子供達と食べる時は一気になくなっちまうし・・

投稿: たぬき | 2005年4月26日 (火曜日) 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カサゴの煮こごり:

« 火災出場 | トップページ | 出港! »