« 種から育てたテッポウユリ | トップページ | 箱根芦ノ湖公魚出船 »

2005年8月20日 (土曜日)

二子玉の花火大会

今年も行ってきました、二子玉川の多摩川河川敷で行われた花火大会

20050820_194218

近くまで車で行って路駐。
夕食前だったのでコンビニの臨時生ビール売場でジャンボフランクと生ビールを買い求めて河川敷へ。

20050820_194911

打ち上げ場所から結構離れた場所に居たせいか、それほど混雑って感じでも無かったな。花火手前に見えるのが第三京浜の橋。
この画像で俺のデジカメの思い切りテレ側。

20050820_195023

19時から20時の1時間で6000発打ち上げだったけど、割りとあっけなく終わってしまったような。。下流側に入って風上だったし、観ていた場所がここら辺だったから、打ち上げ場所とは優に一㎞は離れていたから迫力的にはイマイチだったかな?
でも今年も花火観られて良かったわ♪

※各画像クリックで拡大します

|

« 種から育てたテッポウユリ | トップページ | 箱根芦ノ湖公魚出船 »

季節の便り」カテゴリの記事

コメント

私は、長良川の花火 2回ともパスでした(--;
何でデジカメで、こんなに綺麗に花火が撮れるの?教えてちょ!!
うちから花火が見えるので、撮ってみたけど なんじゃこりゃ~状態なんです(>0<)

投稿: たかさん | 2005年8月21日 (日曜日) 00:11

たかさん、俺も一番近くの花火大会の日がキャンプ行ってる時だったんでわざわざ車で出掛けたのさ。(-_-;
デジカメでも結構綺麗に撮れるけど、三脚だけはあった方がいいね。
ここに揚げた写真はシャッター速度優先のオートで撮ったけど、一番短くても露出時間は1秒だからね。
手持ちじゃ絶対にブレて醜い写真になりますよ。(;^_^A
長いので8秒シャッター開けてたけど、あまりにも明るいスターマインとかはシャッター速度短め(1/2~1秒くらい)で撮った方が綺麗に写ります。
大玉だと4秒くらい開けてた方が良く撮れるよ?

投稿: たぬき | 2005年8月22日 (月曜日) 21:09

TB・コメントを有難う御座いました。

本当に花火職人の方々は日夜研究されているようで、とても楽しい花火大会でした。

土浦の競技大会なんかも行く機会があれば見に行きたいなぁ、なんて思ったりもしてます。

写真は(当然に?(笑))三脚使用で撮られたんですね。
割と遠くからでもかなり綺麗に取れて居て、実に良いじゃないですかぁ!

因みに私は、三脚置けるような状況じゃない場所だったので、座り込んで、膝と肘を使って三点支持の手持ち、シャッター開放最長6秒間、みたいな感じだったので、花火大会が終わる頃にはかなり疲れましたー(笑)

投稿: 東京裁判のページ 管理人 | 2005年8月22日 (月曜日) 21:46

東京裁判のページ 管理人様、コメント有り難う御座います♪
写真を誉めて下さりまして有り難う御座います。去年は三脚を置くのがやっとの場所でしかも立ち見、エレベーターを一番上まで上げないと前の人の頭が入り、しかも左に振れば街路灯、右は壁と言った悪条件でしたがカメラ縦位地で何とか撮ったものです。
都会の花火大会は早い時間に行って場所取りをしないと良い場所が取れないので工夫が必要になって来ますよね。

土浦の花火競技会、行ってみたいと思いますが土曜日は仕事なので半ドンにしてもらえれば・・
です。(^^ゞ

投稿: たぬき | 2005年8月24日 (水曜日) 19:46

たぬきさん,こんばんは。

花火。
とっても綺麗なしゃしんですね。

投稿: ひまわり | 2005年8月28日 (日曜日) 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二子玉の花火大会:

» 二子玉川花火大会 [東京裁判のページ管理人のblog]
例によって、「自称花火観賞プロ」(謎)と一緒に見に行った、 打ち上げ場所にかなり近い地点(川の向こう岸が打ち上げ場所)からの撮影です。 あまりに近くて、最初のうち、大玉の花火が開いた時、 自分達を直撃しそうで身が引けました(笑) そういえば途中、地表近...... [続きを読む]

受信: 2005年8月21日 (日曜日) 16:42

» 夏の風物詩 [エビログ]
近くに多摩川があるのですが今日は花火大会。 鎌倉のときはちょっと曇っていたので実は不完全燃焼でした。 今度はかなり気合を入れており なんと、自転車を購入し、食料を買い込んで 会場に挑みました! いやいや、今までいろんな花火大会を見てきたけど 今回のはすごい... [続きを読む]

受信: 2005年8月22日 (月曜日) 00:16

« 種から育てたテッポウユリ | トップページ | 箱根芦ノ湖公魚出船 »