« これで普通の生活に戻れるかな? | トップページ | 高滝湖でワカサギ »

2006年2月 1日 (水曜日)

参鶏湯を作るのこと

ソウルで1度だけ食べたサムゲタン。あの味を是非我が家で再現したいと思い、まずは雛鳥丸一羽で売ってる店を探してみたんだけど去年のクリスマスシーズンに得意先のスーパーで見たのを最後に年明けは店頭で見掛けなかった。
勿論注文すれば手に入るんだろうけど、何となく注文もしないまま時が過ぎてしまい、今年になってから何度も買い物をした川崎桜本地区(俗に言うコリアンタウン)の韓国食材店のおばちゃんに「サムゲタン用の鶏肉売ってる店ってこの近所に無いすか?」と訊いてみたら、以前は落としてすぐの新鮮な若鶏を扱う店もあったけれど、もうとっくに店を閉めてこの辺りでは置いて無いと言われた。
あばちゃん曰く、鶏のもも肉でやった方が簡単だとも言うし、店にあったレトルトの参鶏湯ではどうかとも言われたのだ。

が、しかしそのレトルト参鶏湯は、とあるサイトで美味しく無いと書かれていたのでパス。950円も出して美味しくなかったらちょっとかなしいからね。

そんなある日、友達が蒲田の肉卸し店で丸の鶏肉を見つけ買って来てくれた。
標準的な若鶏ってのがどの程度のサイズなのか解らないけど、結構大きめの鶏さんだったことは確か。ソウルで食べたサムゲタンに入っていた鶏の3倍はありそう。(;^_^A
因みに値段は600円台と割りと手頃。

で、鶏以外の材料は韓国旅行の最終日ロッテマートで色々と買い込んだ土産物の食料品の中にサムゲタン材料一式セットの物があったのでそいつを使用。

20060124_173904
サムゲタン用のセットは2種類あったのだが、値段の高い方の↑を購入。
確か7000Wくらいだったような記憶があるが・・
この一袋でギンナン、ナツメ、餅米を足せば2回は参鶏湯が作れると思う。
高麗人参は細身だけど量的にはたっぷり。

内容ブツは
ギンナン
乾燥した栗
乾燥したナツメ
餅米
正体不明の食材 ※餅米と一緒の場所に入ってる根っこのようなもの
高麗人参
正体不明の木の枝のようなもの


さていよいよ制作開始である。

仕事を終えて帰宅してすぐに餅米を水に浸し、ニンニク、生姜をブツキリにする。
栗と銀杏も水に浸してふやかす。
高麗人参は皮を包丁の背でこそぐように取った。
鶏肉は中を抜いて洗ってある物を購入したのでそのまま使用。

鶏の腹の中に材料を適当に詰め込むのだが、俺は漆塗りの時に使う使い捨て手袋をはめて材料を入れた。水気を切った餅米はスプーンでせっせと入れ、ある程度の具が均等に腹に入るよう気を使って入れたのだよ。

中身の詰まった鶏が出来たら大鍋に入れ、鶏が浸かる位まで水を入れたのさ。計ってみたら4リットルの水が入り、セットの具に入ってた棒切れのような枝もキッチンバサミで半分に切って鍋に入れて水から煮た。

20060124_182233

お湯が沸くまでは強火でね。

20060124_184343

20分くらいしたらアクが出てきたので撤去。
結構硬めのしっかすりしたアクだったので除去作業は簡単♪

20060124_211835

3時間程大鍋で煮込んだあと、スープごと土鍋に移動。
この時柔らかな手羽の部分がちょいともげてしまった。
味付けは全くせずに水から煮ただけの鶏でし。
土鍋に移してからはちょいと温めるだけで長ネギ刻んだのをちょいと散らしていよいよ完成。

20060124_182129

で、食べる時の味付けはロッテマートで買って来た竹塩。
この塩がすんごくサラサラの細かい顆粒状で、これをまたカンカンに熱したフライパンで煎って不純物を飛ばしたのさ。
別の器に移す時も煙のように微塵が漂う程の細かさ。そんでもって味がしっかりしていて少量でもかなり塩味が効いてるのだよ。

20060124_213845

コチジャン、竹塩をちょいと付けたりキムチと一緒に箸でつまめる程柔らかく煮込んだ鶏肉を食べると、激しく美味しかったですぜ。
箸とお匙もソウルで買ってきたもので雰囲気もグンバツ♪

20060124_213054

川崎桜本で350円也の高麗人参酒(甘酸っぱくてなかなか美味しい)と一緒に頂いたのだが、量が多すぎて一度で食べきれず。(;^_^A
それにいくら煮詰まったとは言え、4リットルのスープは飲みきれずで翌日はそのスープを使ってラーメンを作ってみたのだが出汁がバッチリ出ているのでかなり美味しかったのだ。

教訓として

別に鶏丸ごと使わなくても韓国食材店のおばちゃんが言ったように鶏のもも肉だけで材料だけ揃えて作れば手軽で食べやすいのでは無いか?
1羽使うと小骨が多いし全体量も独り身の俺には大杉!!
高麗人参さえあればあとの食材は何とか揃えられそうだ。

まだ材料残ってるから、今度は鶏もも肉だけ使って作ってみるね~。

|

« これで普通の生活に戻れるかな? | トップページ | 高滝湖でワカサギ »

男の料理」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

風邪を引いているわたすには一番の
薬かも知れない、鶏のスープで暖まりたいっす。。。

ところでたぬき師匠っ!今度わたすにも
タナゴ釣り教えてくだしゃいませ。
平成の竹竿職人ていう本を買ったらやたらに
やりたくなりました。ぜひご教授を。。。

投稿: おまっちゃん | 2006年2月 1日 (水曜日) 23:00

出来ましたね。
ワタシが食べたのは小さかったですよ。
http://www.airbepal.com/big_img06/83409.html
画像の一番下。

鳩だったりして(^_^;

投稿: 秋山 | 2006年2月 2日 (木曜日) 09:37

相変わらずマメですね。(^。^)
鶏の丸ごとは、京急蒲田商店街の中の、小さい鳥肉屋で
売っています。
今度、観に来て下さいね。
そっくりのご兄弟二人がひっそりとやっているお店ですが、
お肉は本物です。

サムゲタン、、作ろうと思ったことはないけど、
大好きです。
いつも蒲田西口のチェゴヤで頂いています。
美味しそう。。。

ところで、、高滝湖行きました?
たぬきさんって方が釣果を出していたので、、
こちらのたぬきさんかな???なんて思っていました。

投稿: 四畳半 | 2006年2月 2日 (木曜日) 10:27

四畳半さんこんにちは。あそこの釣果にたぬき等と書いてもらうのは過去にたぬきさんしか
いないので間違いないでしょう。(笑い)

投稿: おまっちゃん | 2006年2月 2日 (木曜日) 12:50

おまっちゃん、高麗人参のエキスとコラーゲンたっぷりの参鶏湯は勝新太郎が死にそうになった時食べて蘇ったって有名な話があるよね。
国内で食べるとどんな感じなんだか一度店に行って食べてみたい。
タナゴ釣りは昨年一度もやらなかった釣りでし。m(__)m
↓にコメントしてくれてる秋山さんとタナゴ釣り行った時にやっとコツを掴んだって程度のもの。
友達のサイト霞ヶ浦水系の小物釣りでもじっくり読んで、水温温まるまでに予習しておいてくらはい。

秋山さん、アルファベットやめたのね?(^^;
あたしがソウルで食べたのも鶏はちっちゃかったですよ。若鶏って言うよりも雛鳥ってサイズ。
だからきっと鳩では無いと思いますが・・

四畳半さん、京浜蒲田アーケードの鶏肉屋さんは30年前から知ってます。(^^;
中学生の時に友達がガラを買いに行くのに付き合ったのが初見。
昨年のクリスマスにローストチキンを買いに行った閉まって居たので閉店、若しくは病欠だったのかと思い、年が明けてからは行って無いのです。車置き辛い場所なので・・
蒲田のチェゴヤ、サイトで見てみましたがポッサムもあるんですね。チャリで行ける場所なので今度行ってみよっかな~♪
でもマッコリが高い。(^^;
高滝湖のサイトに釣果載せているのはおまっちゃんの推測通りわたくしです。
報告書、今暫くお待ちくださいまし。

投稿: たぬき | 2006年2月 2日 (木曜日) 20:23

やっと UPされましたね!
首を長~~~くして待っておりましたがなァ~
丸ごと1匹は、ちょっとグロイので・・・
でも もも肉だったら、材料をどう詰めるの?
詰めずに 一緒にスープに煮込む?
是非 やってちょ!!

投稿: たかさん | 2006年2月 2日 (木曜日) 21:34

色々な所に書き込んでいるから、ハンドルを忘れたりしてます。ココログではA山だった。
雛鳥というサイズでは無かったなあ・・・。
とにかく美味しかったです。
地元の人は色々なもの入れて辛くして食べていましたけど、私はそのまま食べました。

投稿: A山 | 2006年2月 2日 (木曜日) 21:42

おまっちゃんさんも観ました。写真付き。。(^。^)
今度、ご一緒しましょう。。。。。。
日曜日、、出撃予定ですが、あまり辛いと辞めちゃうかもです。
辛い→前日の釣りで船酔い予定だから、、

投稿: 四畳半 | 2006年2月 3日 (金曜日) 20:58

たかさん、美味しそうな画像が撮れなくてごめんして!
もも肉だけの方が絶対に食べやすいと思う。
今度作ってみっから待っててね。

A山さん、クリスマスシーズンには丁度良いサイズの丸ごとが売られてるのは見たのよね。
私もソウルで食べたのはホントに美味しいと思いましたが、あの味を再現するのはちょっち無理があるのでしょうか。。
元々の味付けは簡素なので自分の好みで後から好みの味で食べる物なのでしょう。

四畳半さん、明日の予報見ましたが今夜思い切り冷え込むみたいですよ。
船は釣れたのかな?
気合い入れて早起きして出掛けますが、出がけに朝モーニングコール入れてみまょうか?
座席空いてますから♪

投稿: たぬき | 2006年2月 4日 (土曜日) 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参鶏湯を作るのこと:

« これで普通の生活に戻れるかな? | トップページ | 高滝湖でワカサギ »