« 夏休みもおしまい | トップページ | 夏休み SEOUL 2日目 »

2006年8月18日 (金曜日)

夏休み SEOUL 1日目

8月13日(日) 夏休み初日、正月に訪ねたソウルへ再び3泊4日の日程で行くことになった。

朝9時、自宅を自家用車で出発。途中同行の友達を拾って羽田空港の第5パーキングを目指す。
因みにこの日の朝食は8時頃起床して、卵、木耳、豚挽肉、豆腐の中華風炒め物をササっと作って留守番の4女&孫とササっと食べました。
直前まで空港への足を悩んでいて、前夜2時頃に車にトランクを積み込んでJR蒲田駅まで行ってみた。駅のコインロッカーにトランクを預けて歩く距離の長い自宅から駅までの道のりを楽しようという魂胆だったが、駅前に車を停めて様子を見に行くと、なんと駅全体はシャッターが閉まっているでは無いか。_| ̄|○
自宅に帰ってもう一度羽田周辺の駐車場情報をネットで検索したけど、民間の駐車場はお盆の時期と言うこともあって料金も割り増しになっているし、もう予約締め切りや満車のところばかり。
しかし、駐車場混雑情報を教えてくれる場所を発見。それによると第1~3までの駐車場は空きとなっていた。第5が駄目だったら第1もあるさってことで出発の朝、一か八かで第5パーキングを目指したと言うわけ。
しかし家を出る直前に確認すると、第3が満車となっていた。ちょいと気持ちも焦るわな。

自宅から20分も掛からずに第5駐車場入り口に着いたが、やはり入り口電光掲示板には「満車」の表示とゲートはパイロンで閉鎖。
唯一第5P以外の割引対象となっている第1駐車場に入れるしか無いかと、ギアをリバースに入れたところで駐車場係員がブースから出てきて「1台だけ空きがありますから」だと。(^.^)v
50台も無い程のスペースの駐車場に車を入れて100メートルほど離れた国際線まで徒歩にて移動。
搭乗受付開始の11時をひたすら待つ。

10時半頃に搭乗手続きが開始されたけど、オイラが申し込んだツアー会社の受付が団体受付窓口で店開きをしない。ちょいと焦ったけど10時45分位に係員が来て手続き開始をしたので予約票と搭乗券を交換し、金浦空港入国ロビー入り口で現地添乗員が待っていることを告げられ、大韓航空の搭乗手続きと機内持ち込みの荷物検査をすんなり通って2階の待合室にて搭乗開始の12時半までまたまた待ち時間。
個人で航空券を手配すれば事前にネットで搭乗手続きが出来るらしいのでその方法だと時間を大幅に節約出来るんだろうけど、ツアーの方が安いからねぇ。。
免税店でハイライト3カートンを購入。@1700円だから1カートン1200円も安いのは嬉しいぜ!

定刻の13時に羽田を離陸して、30分程飛んだところで機内食が出たけど、チキンとキノコ、野菜の中華っぽいおかずだった。hiteビールとチューブ入りコチジャンをもらって味を調節して残さずたいらげる。

定刻の15時に金浦空港到着。
入国手続きを済ませて預けた荷物を受け取ってロビーに出ると30台後半?くらいの痩せた女性の現地添乗員が待っていて、俺達の他にもう一人案内する客が居るのだがトイレに行ってると言うので、「ちと煙草吸ってきま!」と喫煙室に駆け込む。何たって羽田で吸った最後の煙草から3時間は吸って無いからね。煙草好きには辛い時代だよ。

一服して帰って来ても、まだ待ち人が来て無いらしく、どんな人かと聞いたら「おばあさんなんですよ」と添乗員が言うので困ったバアサンだと思って居たら姿を現したのは50台前半程度のご婦人で、全然お婆さんじゃねーだろ!と思ったけど、韓国人添乗員の翻訳能力の問題かとも思って「まあいいや」さ。

マイクロバス(日本のマツダボンゴみたいだけど韓国車で2,3列目のシートが対面)に乗って新羅免税店とロッテ免税店に寄ってからホテルに行くと言う。
もう一人のご婦人は初めての韓国旅行らしく、ハングルは全く駄目で現地に顔は知らないけど何かの縁での知り合いが居るようで、その方に案内をしてもらうようだった。買い物には殆ど興味が無いようで、免税店も興味無いと言ったので「あたしらも新羅はパスします」と言ってロッテ免税店だけにしてもらうよう頼んだ。
すると運転手と話し合って俺達の宿泊地であるKOREANAに立ち寄り、チェックインして荷物を部屋に置いてロッテ免税店に行くことになった。
もう一人の一人旅の方はロッテホテル宿泊なので免税店に行く前に彼女をチェックインさせ、その足ですぐ近くのロッテ免税店に行ったんだけど、ロッテマートの上にある免税店の駐車場は日曜日だからか駐車場待ちの車が凄かった。
運転手はズルして列の先頭に割り込んで、駐車場係員と何か交渉してくれたおかげで東京よりも蒸し暑いんじゃ無いかと思われる炎天下のソウルの車中で長時間無駄な時間を過ごさずに済んだ。
駐車場の旗振りをしていた素敵な格好をした長身でつばの広い帽子でやや顔を隠したナオンの動きがパントマイムのようで面白く、駐車場に入る待ち時間の間暫く見ていたが、どうもオカマっぽいので添乗員に「韓国でも同性愛者はいるのか?」と訊いてみたら「レズビアンもゲイも居ます!どこでも一緒ですよ」と言うので、彼はオカマだと言う結論になりました~。

やっと車を降りて免税店への直通エレベーター乗り場に行くと待ち人がわんさか。
それ見ただけでも免税店に興味の無い俺の気持ちは萎え萎えだったよ。
そこをまた添乗員さんは先に待ってる人の列に突っ込んで割り込み、奥のエレベーター乗り場からお先に失礼ってな感じで免税店入り口の階まで行き、免税店でくれるおまけの石鹸や歯ブラシ入りトラベルセットを渡してくれると「ここでお別れです」と言って、カムサハムニダ~

やっと単独行動に入ったので連れの買い物に付き合い、免税店を出た。
買ったバッグは帰るときの空港受け渡しなので荷物は増えず。
時刻は午後5時を回って少しの頃だったと思うけど、最寄りって言うか店を出たすぐのところにある地下鉄2号線の乙支路入り口(ウルジロイプク urujiro 1-ga)駅に行き、切符売り場の窓口で正月に買ってあった残高ゼロの交通カード T-money とw10000札を出して「チャージ!」
2駅乗って忠正路(チュンジョンノ chumgieongno)駅で5号線に乗り換えて4つ目の駅、汝矣(ヨイナル yeouinaru)で下車。目的は漢江(ハンガン)観光船に乗ることだったけど、乗船しようと思った夕暮れ出船の観光船まではまだ時間があるので、地下鉄駅を出たところの露天でソーセージのフライと缶メッチュ(ビール)を買って広い河川敷に整備された芝生にあるベンチで、のんびりぼんやり対岸の風景や川岸を自転車やローラースケートで行き来する人達を眺めていた。

漢江は朝鮮戦争の時に、ソウル市内が北側の侵攻を受けた際、幅1キロはあるだろう川に掛かる橋を避難している人と共に爆破して落としたと言う話を事前の韓国にKanするお勉強で知っていたので、その頃の風景はどんなんだったろうなどと考えてもみてみたりした。

Img20060813_180615

Img20060813_182825_1

18時40分発の汝矣を出て漢江を1時間周遊して戻る船に乗ろうと切符を買うが、切符売場では「ヨイド トゥ ヨイド」と言ってVサインをすれば大人2枚分の切符を売ってくれる。
一人w9900だから1000円ちょい。

観光船乗り場にはケンタッキーフライドチキンの店があったり、飲み物や軽食も売られていたし、船の中でも売店があって同じような物が売られていたよ。

Img20060813_185636

漢江の水は濁っていてあまり綺麗だとは思えなかったけど、これは雨が続いていたせいもあるらしい。
ずっとデッキに出ていたけど川を渡る風はまあまあ気持ち良く、陸に居るよりはずっとマシだった。
上流に向かって走っていた船は4つ目の橋の手前辺りで大きく旋回してUターン。船着き場を通り越して国会議事堂脇を通ってまたまた大きくUターンをして19時40に船着き場に戻ったけど、船上から写真を撮りたいならこの時間の船に乗って正解だったかも知れない。だってこの時間で揺れや振動のある船の上から景色を写すのはまず無理だからね。

船を降りたらすっかり薄暗くなった河川敷にはさっきよりも更に多くの人達が売店で売ってるのか貸してるのかは知らないけどビニールシートに座ったり寝ころんだりして夕涼みをしていた。
もしも東京で河川敷にこれ程の人が居たら花火大会でもあるのでは?と思ってしまう程の人出だよ。
この川は近所の人達に愛されてるんだなと思ったね。
8時ちょい過ぎに始まったソウルタワーの色違いイルミネーションを眺めてから、また地下鉄の駅に戻って夕食を食べようと、次の目的地である薬水を目指す。

汝矣から2駅目の孔徳(コンドク gondgdeck)で6号線に乗り換えて7つ目、薬水(ヤクス yakusu)の駅3番出口を出てすぐのところにある、正月も来て感動したポッサムを食べにノルブ・ポッサム薬水店を再び訪れた。
時間は午後9時ちょいと前、店に入ると前回も世話をしてくれたママが居たので、入り口で煙草を吸う真似と喫煙席である入り口近くの席を指差すとにっこり笑って席に通してくれる。
注文は勿論ノルブポッサムで、今回は前回体験しなかったドンドンジュ(マッコリみたいな濁り酒)をオーダー。

Img20060813_210627

Img20060813_210724

食べ方は心得て居るんだけど、今回は包んで食べるサンチュが付いてこなかった。別にサンチュで包まなくても、普段だったら絶対に食べないような大量のキムチでくるんで食べれば問題無し。
相変わらずキムチと茹で豚、アミの塩辛、生のスライス大蒜、サムジャン等と一緒に口に入れて、なかなか飲み込めない味わいは「この為にここに来たんだぜ~!」って感じで、もう最高の幸せだったぜ。
しかしドンドン酒が呑んでも呑んでもなかなか無くならないので腹が一杯になっちゃって、前回はチョッパルまで追加オーダーしたのに今回は料理の追加無しでも苦しくなるほど食べまくった感じですた。二人前、これでw28000だから3000円位。

またまた地下鉄に乗ってホテルに戻ると、ホテル近くのソウル市庁では15日の独立記念日の為か、建物全体が韓国の国旗を模して飾られていて、それがまた提灯のように電飾されていてとっても綺麗だったな。

ホテルの部屋ではチャミスルチビチビやりながらテテレビ観たり翌日の行動確認したりとうだうだしていて、2時頃だったと思うけどやっと初日の夜の眠りに就きましたとさ。

2日目に続く

|

« 夏休みもおしまい | トップページ | 夏休み SEOUL 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

(・ロ・)ホ,(・ロ・)ホ--ッッ!!!
相変わらずなれたもんだね^^
しかし、食い物は旨そうだな(^¬^)ジュル...
真面目に寝たのか~o( 〃゜O゜〃)ゝオォーイ!!

投稿: 南 | 2006年8月19日 (土曜日) 08:23

南しゃん、食い物はホントに最高ですぜ!
それに酒が安い!!(゜o゜)\(-_-)

夜は真面目に寝ましたよ~!

2時頃まで起きてて朝は7時に目覚めてましたから、ちょっとだけ日常生活より早起きだったかもです。

投稿: たぬき | 2006年8月19日 (土曜日) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み SEOUL 1日目:

» 公共の宿以外にも安い宿はワンサカあります。 [節約暮らし:楽しくやろう!]
ガソリン代節約の画期的商品のご紹介になります。 安く泊まれるのが公共の宿だったりするわけですが、それ以外でも探せば結構あることに驚きました。 [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月曜日) 12:37

» 外国語なんて怖くない!! [外国語なんて怖くない!!]
外国語なんて怖くない!!〜英会話、語学、英語、フランス語、韓国語、ドイツ語、中国語など。〜 [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火曜日) 10:51

« 夏休みもおしまい | トップページ | 夏休み SEOUL 2日目 »