« 人よ 穏やかであれ | トップページ | サバの水煮 »

2007年1月18日 (木曜日)

パジョン

今週は中二の4女と二人暮らし。
たまに嫁が来たり俺があちらに行ったりもしてるけどね。

今夜は何食べようか?ってことになって、昨年11月にソウルに行ってきた長女が買ってきたチヂミの粉を使ってパジョンを作ることになった。
パジョンって言うのはチヂミよりも具が沢山入ってて、焼き上がりも盛り上がってる奴。
どこがどう違うのかって正しい定義は知らないけれど、まぁチヂミの親分みたいなものだと思えばいい。

昨年のお盆休みに行った新村のトンネパジョンの作り方を参考にして、具やタレは適当にアレンジ。

材料(1枚分)
チヂミの粉 2カップ
水      2カップ チヂミの粉と混ぜる
長ネギ 1/4 輪切り
ニンジン 半分の半分 細長く切る
フランクフルトソーセージ 半分 薄切りを銀杏切りにする
玉葱  1/4 適当にスライス
イカのゲソ、エンペラ 1.5杯分 ぶつ切り
白菜キムチ 適当に切る 汁も入れる
ニラ   半把  半切り
豚バラ肉 100グラムくらい
玉子 2個

タレの材料 量は適当
醤油
ゴマ油

唐辛子の微塵切り
ゴマ
玉葱のブツ切り
すりおろしニンニク

まず、温めたフライパンにゴマ油を引いてチヂミの粉を少し引いて、バラ肉と玉子とニラ以外の具を混ぜた物を焼く。
そして混ぜてゴチャゴチャにして更にチヂミ粉を足してからもう少し焼いて混ぜる。
この時ネバネバしてもんじゃ焼きみたいな感じになるぜ?
別の温めたホットプレートにチヂミの粉を丸く敷いて、豚バラ、ニラ、玉子を混ぜたものを乗せて、その上にフライパンで炒めた具を平らにならして乗せて、更にその上から残ったチヂミ粉を垂らしてホットプレートの蓋をして焼く。
下地がしっかりしたらフライ返しを2つ使って上手にひっくり返す。結構難しいけどね。
で、もう片面もしっかり焼いたらホットプレートを保温状態にして、適当に切り分けてタレに漬けて頂く。

20070118_183257
これがタレ  

20070118_183535
見た目悪いけどパジョン

娘と二人で1枚半食べてギブアップ。
おなか苦しくて酔いも手伝ってもう眠い。。


 

あ、いつも買い物している百貨店のポイントカードがある程度貯まっていたので、そのポイントでオーダーしておいた電動鼻毛カッターなる物が本日届いた。
早速電池を入れて使ってみたが、すぃっちを入れるとウィーンという音がして鼻に突っ込むと、チュリチュリと電気ひげ剃りで髭剃ってる時みたいな音がして「鼻毛切れてるじゃ~ん?」って感じ。
ヘビースモーカーの俺には必須アイテムで、俺専用のと家族用の2つ同時に頂きました。

20070118_192126

|

« 人よ 穏やかであれ | トップページ | サバの水煮 »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パジョン:

« 人よ 穏やかであれ | トップページ | サバの水煮 »