« 七草粥 | トップページ | 鯖の味醂干し »

2008年1月 8日 (火曜日)

クルタレ(ミツタバ)制作

1月2日に仁寺洞メインストリートを歩いていると、ひとつの屋台から呼び止められた。
どこかの韓国情報サイトで見た記憶が有るような無いような・・
蜂蜜と何かを混ぜて発酵させた、硬い飴のような石鹸状の物体の真ん中に千枚通しの親分(アイスピックとは違う)みたいな物で穴を開け、そこから広げていくことを繰り返すと、不思議な食感をしたお菓子が出来上がるのだ。

20080102_111212 この屋台が元祖らしい 他は偽物だって

取りあえず5000ウォンで1箱だけ買って、常温で2週間日持ちするからと言われたので土産に買おうと思っていたのだけど、翌日ここを通った時には手持ちのウォンが少なくて両替屋も閉まっていて買えなかった。。
6箱買うと1箱おまけだと言ってたなぁ。

味はクルミ、アーモンドとピーナツ?の3種類。
ひとつだけ値段が違っていたような気がしたけれど、宿に持ち帰って少し食べ、日本に持ち帰って少し食べって感じだったけど、お奨めの凍らせて食べるって言うのはやらなかった。
甘い物は苦手なんだけど、それほど濃い甘さでは無くて食感もさっくりしているので美味しく食べられたわさ。

【追記】

冷凍庫を開けたらまだ4粒残っていましたのでひとつを試食。
うーん、作りたてを買って宿で食べたものの方があたしは好きかな?
冷凍は冷凍で美味しいと思う人も居るかも知れないけど。。

20080109_004046

20080109_004100

箱が残っていたので高解像度の画像を上げておきます。
多分文字も読み取れるでせう。

20080109_004148 ひとつひとつはこんな感じです

|

« 七草粥 | トップページ | 鯖の味醂干し »

旅行・地域」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

これ知りませんでした。
甘いもの系は色々食べましたけどね。

耳の不自由な人だけに営業許可を出すという人形焼みたいなのも好きです。

投稿: 秋山 | 2008年1月 9日 (水曜日) 18:27

同じ通りにももう一軒出てましたし、明洞でも見掛けました。
箱は薄くて軽いし話題性も有るので、手軽なお土産として次回は是非まとめ買いOKだなって思いましたね。
あまり食べたことの無い食感ですし、ひとつが小さいので甘い物苦手の私でも許せました。(^^;

>耳の不自由な人だけに営業許可を出すという人形焼みたいなのも好きです。

そういうのも屋台で売ってましたね~
しかし食べ物屋台も種類が多いので全てを試すには何度も訪韓しなければならないのでは?

投稿: たぬき | 2008年1月 9日 (水曜日) 21:42

お土産、ありがとう!(韓国海苔)このお菓子は済州島でも実演販売していましたよ。食感は日本だと以前人にもらった宮城にある「晒し飴」に似ていますね。
ナッツを混ぜ込んだものが美味しくて冷凍するとしゃきっとした感触になり歯にくっつかないので済州島の売り場でも勧めていた食べ方です。
 なんだか縁起の良い食べ物だそうで この麺を伸ばすみたいに飴を糸状にする
技術はけっこう大変みたいです。

投稿: 島根 | 2008年1月11日 (金曜日) 00:29

ああぁ お土産、母上が間違えてアコちんのところに渡す分も一緒に渡してしまったと聞きました。
でもケンチャナヨ~(^^;

チェジュ島でも売られていましたか?
オイラが仁寺洞で買った屋台が元祖だと言ってたので、きっと偽物の方をみたのですね?
昔王様や高貴な方々が食べたお菓子だそうですけど、今では庶民でも普通に食べられる良い時代になったものです。

コーンスターチの粉をまぶしながら手に巻き付けてのばしていくんですよ。
動画見なかったですか(´・ω・`)?

投稿: たぬき | 2008年1月11日 (金曜日) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルタレ(ミツタバ)制作:

« 七草粥 | トップページ | 鯖の味醂干し »