« クロユリ | トップページ | ナガミヒナゲシ »

2008年4月23日 (水曜日)

玉葱を飴色になるまで炒める

カレーやシチューに入れると美味しくなる玉葱炒め。
今夜は昨夜から作っている牛スジ肉の煮込みに入れようと作ってみたぜ。

20080423_193739その1

玉葱中サイズ4つ半を適当に刻んで、熱してサラダ油をひいたフライパンに投入。
細火にして木(竹)ベラで焦げないように混ぜる。

20080423_19501710数分経過
まだまだって感じ。

20080423_20122830分経過
まだ色が白いし形もわりとしっかりしてるね。

20080423_20262250分経過
明らかにしんなりしてきたし、色もやや狐色。

20080423_20351957分後 完成

見た感じ、これで許してやろうと思えるようになったので火を止めて牛スジの鍋に投入。
途中で焦がしたら努力が水の泡になるので、フライパンの側を離れるのは長くても30秒ってとこ。
同じ場所を炒めてると焼ける音が変わってくるのでヘラを手に取りすぐに混ぜる。
もしくは息子にやり方を教えて見ていてもらう。
娘達は頼んでもやってくれない。_| ̄|○
嫁は仕事から戻って居ないので頼めない。il||li _| ̄|○ il||li

かなり手間の掛かる玉葱炒めだけど、これを入れることによってどこまで味が違うのかを比べたことが無いので何とも言えないけど・・

こういうのって絶対にうちの女房は作らないと思うね。

「忙しいのにそんなに時間掛けてやってられると思う?」 ってね。(^^;

牛スジ煮込みは明日野菜とかを入れて最終的な調理に入るのだ。

|

« クロユリ | トップページ | ナガミヒナゲシ »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉葱を飴色になるまで炒める:

« クロユリ | トップページ | ナガミヒナゲシ »