« アゼルバイジャン料理を食べてきた | トップページ | インスタントなチーズフォンデュ »

2009年1月30日 (金曜日)

チャパゲティ

20090106_185244

良く韓国ドラマので中で食べてる場面が出てくるジャージャー麺?のインスタント版。
辛ラーメンを作っている農心という会社の製品だけど、ソウル駅前のロッテマートにて@680w(約47円)を10袋買って、一緒に買った他の食材と一緒に段ボール箱に詰めてEMSで自宅に送ったのだ。

因みに送料は34,800w(約2400円ちょい)で、段ボールの重さは10㎏までの制限ぎりぎりの9㎏半くらいだった。
1月4日の午前中に送ったんだけど、年末から行ってた人は4日まで税関が休みだったので旅行から帰って来ても荷物が届かなかったそうな。

Ems
オイラの場合は送った翌々日の夕方には届いて、丁度自宅で荷物の配送状況をサイトで調べていたまさにその時、玄関のチャイムが鳴ったというナイスなタイミングだったよ。
グラス類も何点か入れてあったんだけど、一度開封して中をチェックする際に梱包材でくるんでくれてありましたね。親切です。

で、肝心のチャパゲティですが、検索してみるとあちこちに作り方が書いてあるのでパッケージのハングル読めなくても簡単に作れました。
フライパンでお湯を沸かして麺と具を入れて、5分経ったらお湯を少しだけ残して付属のオリーブオイルと真っ黒なスープを入れて、適度に水気が無くなる程度に炒めればオッケー。

Dvc001603 真っ黒だす

Dvc001593 盛りつけて完成

お味ですが・・

過度な期待を持ちすぎていたのがいけなかったのか、大して美味しいとは思えませんでしたな。
麺自体は太めのしっかり麺で適度な歯応えがよろしいのですが、スープにもうひとつ決定的な美味しさが足りない。
何度でも食べたいって程では有りません。

おぢちゃんの評価としては ★★☆☆☆ って感じ。

もっと具に工夫をすればまた違ってくるんだろうけど、キュウリとカイワレだけじゃ駄目なんすかね?

何を乗せれば美味しくなるのか誰か知ってたら教えてくだされ。

|

« アゼルバイジャン料理を食べてきた | トップページ | インスタントなチーズフォンデュ »

男の料理」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

ジャジャー麺のレトルトは足立区の韓国食品通販で買ったことがあります。
ジャガイモが解けていてカレーライスみたいでした。

作るんだったら、ジャガイモとタマネギ(生の千切り)だと思います。付け合せはもちろん沢庵漬けでしょ。

韓国へ行くと必ずジャジャー麺食べるんだけど、韓国のタマネギって生でも甘いんですよね。

投稿: 秋山 | 2009年2月 1日 (日曜日) 16:31

ジャガイモは事前に茹でるかレンジで下ごしらえしといた方が良さそうですね。
玉葱は万能だから絶対にOKでしょう。
まだあるから次作る時やってみます。

今年の正月、チョッパル食べた時に付け合わせの生玉葱を囓って思いましたが、日本のと違いますね。
辛みが無くてジューシーで歯応えシャキシャキ、サラダ感覚で生食オッケー。
普通にブツ切りでしたから水にさらしてあるとは思えませんでしたが、玉葱美味しかったと強く印象に残っています。

投稿: たぬき | 2009年2月 3日 (火曜日) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャパゲティ:

« アゼルバイジャン料理を食べてきた | トップページ | インスタントなチーズフォンデュ »