« 沼津にて | トップページ | 中学の同期新年会 »

2011年1月13日 (木曜日)

2011正月Seoul その2

1月3日

昨夜は3時頃まで起きていたけれど、8時には起床。
各自朝シャワーを浴びたり化粧したりと、女が多いと出かけるにも時間の余裕が必要だ。

10時になって宿を出て、前の大通りでバスに乗ろうかと信号待ちをしていたらタクシーが止まる。

「5人でもOK??」とジェスチャーで確認するとOKらしいので乗り込む。

20110103_000

前のシングル座席に4女とせがれ。
参鶏湯を食べに土俗村 (토속촌/トソクチョン)へと向かうのだが、取りあえず「景福宮(キョンボックン)カジュセヨ」と伝えて、有る程度走ったところで「サムゲタン、トソクチョン」と言うとすぐに理解してくれてたようで、流石に韓国で最も有名な参鶏湯の店。

20110103_001

20110103_002

開店して20分ほどしか経っていなかったけど、招き入れられた部屋には客が結構居た。
殆どが日本人のようだったけど。。

20110103_003

オーダーしてサムゲタンが出てくるまではテーブルに置かれた壺の中のキムチとカクテキをつまみにビールなぞ。
ここのカクテキ美味しいね。

20110103_004

俺が頼んだのは烏骨参鶏湯(オゴルサムゲタン)で、オーダーの際は「黒ひとつ、白4つ?」と聞かれた。
「お父さんだけズルイ」と言われたが、どうせ黒い鶏なんか「キモイィィ」とか言って食べたがらないだろうが。

スープをひとくち口に入れると、何とも言えぬ濃厚な旨味。
今まで食べたサムゲタンの中では間違いなく一番うまい。
烏骨鶏の肉はと言うと、スプーンで身がほぐせる程柔らかな普通のサムゲタンとは全く別物で、骨にしっかりとした身が付いていて歯応えが有る。
腹に詰められた餅米は、今まで食べたサムゲタンの中で一番多かったかな。
人参もでかいのが入っていた。

20110103_005

ひとりずつ人参酒が付いたが、俺以外は飲まなかったみたい。
かなり濃厚なお味でした。

8万wを支払って外に出る。

20110103_006

次もタクシー5人乗りだが、今度は後ろ4人という変則プレイ。
明洞に着いて子供組、大人組に別れた。
娘二人はロッテ免税店がお目当てのようで、せがれはそちらのお供。

20110103_007

俺と嫁は取りあえず両替。
前日定休日だったシャツ屋に行き、Yシャツ4枚をオーダー。
2週間ほどで作ってEMSか何かで送ってくれるらしい。
それぞれ一番良い生地で選んで総額22万wちょい。こっちで作るより全然安いけど、できあがりはどんなもんでしょ??

20110103_008

次に目指すは景福宮。
歩いてもそんなにたいした距離じゃ無いけれど、路線バスを利用。

20110103_009

バス停ひとつ手前で降りちゃったみたいだけど、なんだかすごいビルがあった。

20110103_010

6回目の韓国旅行で初めて訪れた景福宮。

20110103_011

人慣れしたカササギが居ますね。

20110103_012

20110103_013

20110103_014

20110103_015

裏の門から出て大統領の官邸、青瓦台(チョンワデ)を遠くから見る。
付近には警官が多数居て、あちこちカメラを向けると「No Piture!!」と叱られる。
煙草をくわえても駄目駄目言われるし、かなり遠くから沢山の警官がおれを見張っていたようだった。(゚ー゚;

20110103_016

この右の建物も正面から撮らせてくれなかった。
地図で調べたけど何も情報が書き込まれていない・・

20110103_017

そのまま歩いてオサレな街、三清洞 (サムチョンドン)でお茶でも飲もうかと思ったけど、オサレすぎて庶民の俺には敷居が高いのでパス。

20110103_018

そのまま歩いて仁寺洞 (インサドン) 。
ここも通過して・・

20110103_019

鍾路(チョンノ)まで歩いて来て、店先のメニューにポッサムの写真があったので入店。
ポッサム定食(7000w)を頂く。
普通に美味しかったけど、ガツンとポッサム盛り合わせでも良かったかも知れない。

20110103_020

この2階が入ったお店。
正面に進むと前夜入った刺身屋が有る。

20110103_021

清渓川(チョンゲチョン)沿いにちょいと歩いたカフェで一服。

ここで子供達ら電話が入り、今明洞のカフェに入ったと。
同じことしてるもんだと関心して、それじゃこれからそっちに行くよと、明洞ミリオレ前で待ち合わせの約束をする。

20110103152256_01

明洞に着いて無事子供達と再会。
したのはいいけど、女共はエステだかマッサージに掛かりたいと言うので、俺とせがれはタクシー捕まえて宿へ。

宿へ帰って横になり、目が覚めたら暗くなっていた。

20110103191444_01

女共も帰って来て、友達から「焼き肉を食べに行こう」と電話があったので、宿の外で待ち合わせることにした。

タクシー2台に分乗し、行き先が麻浦(マポ)と言うことしか判らないこっち組は、タクシーの運ちゃんに「前の車について行って欲しい」と言い、それが判ったような感じだったのに途中で追い越して勝手にどんどん走って行く。┐(´д`)┌
携帯でもう一台のタクシー運転手と直に話してもらい、これで安心と思ったけど、結局違うところで降ろされたので電話で居場所を確認して再会出来たのだった。

20110103202056_01 テジカルビ(豚の味付けカルビ)

20110103202330_01 豚の皮

20110103202538_01 テジカルビの焼けたところ

20110103202754_01 包んで食べる

20110103203822_01 皮の焼けたところ

20110103204948_01 牛の3枚肉

20110103205728_01 アジュマが焼いてくれます

20110103205730_01 オッパーも焼いてくれます

100人以上は楽に入れそうな大きな店で、席に座ると上着を入れる黒いビニール袋を渡される。
従業員は若い子が多く、側を通りかかると焼け具合を見てハサミで肉を切ってくれたり網を換えてくれたりしてくれるのは良い。
野菜類は自分で好きなだけ取ってくるようになっていて、サンチュ、ニンニク、青唐辛子やネギの和え物等が食べ放題放題。自分は一度も取りに行きませんでしたが。。

韓国でも口蹄疫の影響で、モツ系のメニューが一部取り扱い出来なくなっていたりしたみたい。ハツは焼いたけどね。

7人全員が満腹になるまで飲み食いして御勘定は17万w(約1万2千円)。

20110103221514_01

麻浦チンチャ元祖チェデポ
地図で見ると、麻浦と言うより孔徳ですな。

店を出て、またまた大人組と子供組に別れ、大人達は鍾路へ、子供達は宿へとそれぞれタクシーで向かったのだ。

20110103222710_01

通りを渡るのに入った地下街では、こんな見慣れた光景も。
どこでも居るんだよね。

大人組の目的地は鍾路タワー上のオサレなバー、Top Cloud

20100104_224148_01 昨年撮った外観

20110103224446_01 窓の外 明洞方面

20110103224516_01 開放感の有る店内

20110103224644_01 景色が良いと有名な洗面所

20110103225222_01 寝こける友達の妻

20110103231512_01

20110103231908_01 ピアノ、ベース、ボーカルのjazz生演奏

20110103232740_01 つまみのチーズ

20110104000316_01 エレベータのボタン

ここでの勘定は全く記憶に無かったけど、財布の中からレシートが出てきて判明。クレジットカードの履歴を見たらちゃんと出てました。

Visa

外に出たところでタクシーを拾い、宿が100メートルほどしか離れてないので一緒に帰って来ましたよ。

子供達はまだ起きてましたな。

|

« 沼津にて | トップページ | 中学の同期新年会 »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011正月Seoul その2:

« 沼津にて | トップページ | 中学の同期新年会 »