« 操法訓練、上級救命講習、祭礼警備 | トップページ | アオドウガネ »

2011年8月 1日 (月曜日)

東日本大震災全国消防団報告研修会

日曜の朝、6時に自宅を出発して電車に一駅乗って先週と同じく都大会出場分団の操法訓練場所へ行き、8時過ぎまで訓練に参加。

JRで新橋まで行って、時間に余裕があったので徒歩にて研修会場のニッショーホールへ移動。親父がここ何年も世話になっている虎ノ門病院の斜向かいの建物だった。

全国から600人の消防団関係者が出席して、3/11の大震災発生時から現在も継続している活動報告を、被災地の消防団幹部から直に聴けると言うので、270名在籍の我が団から2名の代表として拝聴してきた。

午前9時半から午後4時まで途中休憩を挟みながら、パワーポイントでプロジェクタに映し出された資料を見せつつ、発生当初から現地で活動した消防団の活動報告、震災後直ちに宮城県庁で各地からの応援消防指揮本部に入った消防庁警防部副参事、ニュース映像でも映し出された、庁舎屋上の送信塔に掴まって難を逃れた南三陸町の危機管理係長らによる被災現場での体験談、あの経験を基にした今後への提言等、あの日自分が経験した時系列と重ね合わせながら、今後想定外の災害に直面した時にどう振る舞うのか、何を準備しておけば良いのか等色々なことを考えさせられた研修だった。

最後に休憩無しで2時間以上を費やして、NHKニュース解説員をコーディネーターに行われたパネルディスカッションは、議事進行の流れが流石だなと関心させられたね。
勿論中身も勉強になりますた。

NHKニュース

|

« 操法訓練、上級救命講習、祭礼警備 | トップページ | アオドウガネ »

「消防団活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12835/52366554

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災全国消防団報告研修会:

« 操法訓練、上級救命講習、祭礼警備 | トップページ | アオドウガネ »