« マスク届きました | トップページ | ガソリンスタンドにて »

2020年5月28日 (木曜日)

2019年5月石垣島探鳥旅行 その三

2019年5月21日の火曜日、石垣島の三日目は6時半過ぎに宿を出て、レンタカーで走り出して宿から近くのシギチの居る水田から探ってみた。
道端に停めた車の中からウズラシギやセイタカシギを観ていると、アジサシがヒラヒラと飛んできて水飲みを始めた。
クロハラアジサシの夏羽で、飛びながら何度か水を飲むと遠くに飛んでいったのだ。
その間10分弱だったので、出会えのはラッキーだったかな?

20190521-065150_01

20190521-065331_01

20190521-065450

クロハラアジサシ
Whiskered Tern
Chlidonias hybridus

水田を離れて農耕地を走ると、シマキンパラが居た。
5.6羽の小群がスズメのようにイネ科の実をついばんでいたけれど、人為的に持ち込まれた可能性も有るために純粋な野鳥とは認められていないようである。
比較的距離的に近い台湾には分布しているので、もしかすると海を超えて来たのかも知れない。

20190521-071618
シマキンパラ
Scaly-breasted munia
Lonchura punctulata


更に車を進めて海沿いに出ると、初日に見られたオオアジサシが10羽以上の群れで居て、たまーに近くを飛んでくれた。
ぱっと見はアジサシと言うよりも中型のカモメほどの大きさで、飛び方も普通のアジサシ類よりは羽ばたきもゆっくりのようだった。
初日は曇り空だったけど、この日は晴天で光線の具合も良かったので満足いく証拠写真が撮れた。
先日の沖縄のローカルニュースでは5月13日に石垣島で初認とのことだったので、昨年も同じような時期だったとすればタイミング良かったのだと思われる。

20190521-080811

20190521-080817_02

20190521-081646
オオアジサシ
Greater crested tern
Sterna bergii


次はビーチがとても美しいと評判の川平湾を観光。
時間が早かったので人も少なく店も開いてないので、駐車場から展望台までを往復して早々と移動
20190521-085418

海岸沿いを走っていると電線に見慣れないシルエットの鳥を見つけたので、そろそろと車を寄せて窓からレンズを出してファインダーを見るとブッポウソウだった。
この鳥は日本でも少数が夏鳥として渡ってきて繁殖しているけど、中国からロシアにかけて広く分布してるから、もしかするとそっち方面に渡っていく途中の個体だったのかも知れない。
1枚シャッターを切ると飛ばれたので、この1枚しか無いんだわ。

20190521-092617_01
ブッポウソウ
Broad-billed Roller
Eurystomus orientalis


少し走るとツバメが飛んでいたので、何の種類かなと思って見てみるとコシアカツバメだった。
こいつもブッポウソウと同じような分布なので、中国か韓国かロシアか日本か、いずれの地に繁殖の為に向かっていたのだろう。
関東だと湘南や房総半島で局地的に見られます。
証拠写真なので甘ピンごめんなさい。

20190521-093323
コシアカツバメ
Red-rumped swallow
Hirundo daurica


少し寄り道して御神崎という岬に立ち寄ってみた。
岬の先端に近づくに連れ、ものすごい強風でまともに立っているのが大変なほどでしたね。
鳥はほとんど居ませんでした。
っていうか、風が強くて鳥が居たとしても声が聞こえない。

20190521-095843


また少し走ると電線にシロガシラ。
電線だけど近くて光線も良いので撮っておいた。

20190521-102116_02
シロガシラ(亜種 ヤエヤマシロガシラ)
Light-vented Bulbul
Pycnonotus sinensis

更に少し離れたところの電線に、尾が長めのヒヨドリほどの大きさの黒っぽい鳥が居て、ファインダーに入れてみると初めて見るオウチュウだった。
図鑑で見て独特の風貌が頭に入っていたのですぐにオウチュウだと判った。
尾の切れ込みが浅いのでヒメオウチュウかとも思ったけど、国内の図鑑に記載されていないのでオウチュウの幼鳥か若鳥だろうね。

20190521-102246_01

オウチュウ
Black Drongo
Dicrurus macrocercus


前の日にガイドさんに連れて行ってもらった場所に行って相変わらず同じ木にとまっていたアオバズクを見ていると、シジュウカラがやってきた。
関東で見慣れているシジュウカラに比べるとかなり黒っぽい印象の、石垣島と宮古島あたりにだけ分布する亜種のイシガキシジュウカラだ。

 

20190521-111643
シジュウカラ
(亜種イシガキシジュウカラ)
Eastern Great Tit
Parus minor nigriloris

 

20190521-114538 20190521-123909 20190521-125349 20190521-132205_01 20190521-140551 20190521-144109 20190521-144118 20190521-144119 20190521-144120_02 20190521-144122_01 20190521-144143 20190521-144237 20190521-144245 20190521-144248_01 20190521-181550 20190521-184504effects 20190521-221855

|

« マスク届きました | トップページ | ガソリンスタンドにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスク届きました | トップページ | ガソリンスタンドにて »