« 今週前半の昼食は麺類三連発!! | トップページ | 20th Century Boy T.REX »

2020年5月21日 (木曜日)

2019年5月石垣島探鳥旅行 その二

2019年5月20日の月曜日、石垣島の二日目は朝食を頂く為、6時過ぎにレンタカーで宿を出発。
2キロちょい離れたとうふの比嘉に6時30庵の開店5分前に到着すると、店内には既に数組の客が席に着いていた。
結構な人気店だということが伺われる。

屋根は有るけど扉も窓も無いオープンなスペースで、いかにも南国らしい店。
頼んだのは、ゆし豆腐セット(大)450円。
テーブルに置いてある味噌で味付けをして、ご飯と一緒に食べる非常にヘルシーな、朝食にぴったりの食事だよ。

20190520-064530

駐車場にはサルスベリの花が満開のとうふ屋さんの朝食を終え、マックスバリュでこの日の飲み物とおやつを買って宿に戻る。

ガイドさんが迎えに来る8時30分まで、宿でまどろんでいた。

約束の時間、8時30分ぴったりにガイドさんがワンボックスカーで迎えに来てくれて、友人と二人乗り込む。
さらにもうひとりのお客さんを近くのホテルでピックアップして探鳥開始。

最初に車を停めたのは、市街地からすぐの水田。
セイタカシギとオグロシギ夏羽が居たので、車窓からちゃちゃっと証拠写真を撮る。

20190520-084944
セイタカシギ
Black-winged Stilt
Himantopus himantopus

20190520-085120_01
オグロシギ
Black-tailed Godwit
Limosa limosa

平地をあとにして森の中に入って行き、アカショウビンのポイントに着くとすぐに見つかった。
日の当たる明るい場所で条件良く撮らせてくれた良い子。

20190520-092056
亜種
リュウキュウアカショウビン
Ruddy Kingfisher
Halcyon coromanda bangsi

更に車を走らせると、電柱の上にとまるカンムリワシを発見。
車から降りて撮ったけど、空抜きだし電柱の上じゃ絵にならないのでそそくさと移動すると、すぐに別個体を林の中で発見。
車から降りて至近距離から撮れたけど、暗くてあまり良くなかった。
でもすぐに飛んでくれて割と良い場所の枝にとまってくれたので、若い個体だったけどちゃんと撮れた。
この時期は繁殖期なので一番見辛いと聞いていたけど、ラッキーだった。
その後滞在中に一度も出会うことが無かったし。

20190520-100808
カンムリワシ
Crested serpent eagle
Spilornis cheela


ガイドさんはアカショウビンが得意なようで何箇所かポイントを回ってくれるけど、どちらかと言うと沢山の種類が見たいんだよね。
でも案内されるままにアカショウビンを見て撮ったよ。

振られた場所もあったけど、狭い範囲で二番が繁殖しているところもあった。
だけど警戒心が強いようで、車内からでもすぐに飛ばれることが多かった。

20190520-102105
リュウキュウアカショウビン
太い嘴が逞しい。


同じ場所にリュウキュウアオバズクも居た。
割と低いところにとまっていて、昼間でも目をパッチリ開けてくれて愛想が良い個体だった。
本土のアオバズクとはどこが違うのかは、また暇な時にじっくり調べることにしよう。^^;

20190520-105953
亜種
リュウキュウアオバズク
Brown hawk-owl
Ninox scutulata totogo


その後キンバトを探しに森の中に入るけど、それらしき姿は見られたが撮影には至らず。
昼食タイムとなったので、レストランに入って休憩。

20190520-121127

沖縄と言えばオリオンビールでしょ。
運転しないので堂々と呑める。

20190520-121454
この日のメニューは、石垣牛タコライスと島豚キーマカレーのみと言うことで、後者を選択。
スパムが乗っているのは沖縄らしい。
もずくスープも付いていた。

食事をしていると外はいきなりスコールのような大雨となり、店から駐車場の車までで結構濡れてしまった。
先程のアカショウビンポイントに戻ると、枝の上で雨浴びをしている個体がいたので激写。

20190520-125339
車の窓からレンズを向けて手持ちで撮ったけど、レンズもかなり濡れてしまった。

撮影データ
NIKON CORPORATION NIKON D500
ƒ/6.3 1/30 500 mm ISO 2000

その後少し経って雨が小降りになり、「なにかリクエストはありますか」と聞かれたので、数年前から石垣に居着いているらしいカタグロトビが見たいと言うと、あまり乗り気じゃなさそうな感じだけど案内してくれた。
ポイントに着くとすぐに白っぽい鳥が飛んできて、遠くの枝にとまった。
ラッキーなことにすぐに遇えたのは嬉しい。
トビという名が付いているけど、全長33cmほどなのでハト程度の大きさの小さなタカなのだ。

20190520-135855 20190520-135857_03
カタグロトビ
Black-winged kite
Elanus caeruleus


その後は特にこれといった収穫も無く、車を走らせていると道沿いに孔雀が居た。
じっくり撮りたかったけどガイドさんは「あんなの撮ってもしょうもないですよ」と言われたが、車窓からコンデジで証拠写真をば。
その後残り二日の石垣島滞在中に何度か遭遇したけど、思っていたよりも警戒心が強く、まともな写真が撮れなかったのでこれが一番まともな写真となった。

20190520-150944
インドクジャク
Common peafowl
Pavo cristatus


16時にガイドさんに宿まで送ってもらい、昼の部終了。
レンタカーでマックスバリュに買い出しに行く。

 Img_20190520_165128

沖縄と言ったらスパムでしょ。
重いけど安いのでついついお土産に買ってしまう。^^;

宿に戻ってエアコンで冷やしておいた部屋で一時間ほど睡眠を摂り、19時に再びガイドさんが迎えに来てくれて夜の部スタート。
車で向かった最初の目的地には10分ほどで到着。拍子抜けするほど近くだった。

すっかり暗くなった林の中の未舗装の道をゆっくりと進んでいくと、前方に動く影。
餌を探すズグロミゾゴイでした。
車のヘッドライトとガイドさんの照らす強力LEDライトのおかげでとても明るく、感度8000で1/125のシャッター速度が切れる。
充分な証拠写真は撮れるのだ。

20190520-194246
ズグロミゾゴイ
Malaysian night heron
Gorsachius melanolophus

少し開けた場所に出た角の樹上にアオバズクを発見。
昼間のおっとりした表情とは別鳥のような精悍な目付きほしている。

20190520-195140
リュウキュウアオバズク


来た道を引き返すと、今度はオオクイナが道のすぐ脇の樹上に居るのを発見。
見られるとは思っていなかったのでとても嬉しくて興奮しちゃったよ。

20190520-195646_01
オオクイナ
Banded crake
Rallina eurizonoides

少し画質を優先して感度を下げるが、データを見たら1/15で頑張っていた。
まだまだ大丈夫だな。

NIKON CORPORATION NIKON D500
ƒ/6.3 1/15 500mm ISO 1600

車のすぐそばにトカゲを見つけて「トカゲも居ますね」と言って撮っていると、友人もガイドさんも保護色の為かなかなか見つけられなかったようで、ガイドさんからも良く見つけましたねと関心されちった。

20190520-200459
キノボリトカゲ


大きく場所を変えて別の森に入ると、すぐにリュウキュウコノハズクと遭遇。
近い。車のすぐ脇だす。

20190520-202432

上下の画像は別個体

20190520-205201
リュウキュウコノハズク
Ryukyu scops owl
Otus elegans

お次は夜のリュウキュウアカショウビン。
地面でカエルを捕まえて、枝に戻ってくれたところをパチリ。
20190520-205802_01

21時15分に夜の探鳥会を終了して宿に送ってもらう。
昼の部が1万円、夜の部が3500円。
鳥を見始めて初めてガイドさんのお世話になったけど、こういうのも悪くないと思ったね。

宿に戻ってナイトキャップに泡盛の久米仙を頂く。
充実した一日が静かに更けていった。

20190520-225017


この日動いたおおまかな記録↓

Screenshot_20200521215338

|

« 今週前半の昼食は麺類三連発!! | トップページ | 20th Century Boy T.REX »

旅行・地域」カテゴリの記事

鳥の写真」カテゴリの記事

石垣島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週前半の昼食は麺類三連発!! | トップページ | 20th Century Boy T.REX »