2012年4月 4日 (水曜日)

魚を食わせる居酒屋

消防団の副分団長が蒲田の東口に有る居酒屋の仕事が一段落した安堵感から、一杯やりましょうってことでタクシーでうちまで迎えに来てくれて一杯やってきた。

刺身盛り合わせ
20120404211038_01

刺身で本当にうまいと思うことって少ないので、今回も御多分にもれず。。


若竹煮
20120404211049_01

美味しいし、盛り付けが良かった。


鮎の塩焼き
20120404211945_01

調理場に囲炉裏を作って炭火で焼いて、ポン酢はダイダイを手絞りから作ったこだわりよう。
美味しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水曜日)

上ハラミ

上ハラミ
ホルモンセット、得セットと食べ進んで、最後にオーダーした取って置き。

期待通りとても美味しかったどす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金曜日)

国営放送のお菓子

20101028_153630

先日、仕事場に「試してがってん」の取材が来た際の謝礼として頂いたらしい。
国営放送からの取材は初めてでは無いけれど、番組のノベルティを謝礼に頂いたことはあったが、クッキーは初めて。

1枚食べてみたが、バターの香りたっぷりで、割りと美味しかった。
番組名入りTシャツも置いていかれたが、どこで着れば良いのやら・・

いつオンエアになるのか知らないが、普段テレビは全く観ないので、多分 いや、絶対に放送されても観ないだろう。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火曜日)

遅ればせながら初秋刀魚

今年の夏は日本各地で記録的な猛暑の夏で有り、農産物もそうだが日本近海の海水温も例年より高めの為か、秋の味覚の代表格で有り、オイラの大好物の秋刀魚も不漁などと報じられてはいる。

が、しかし北海道の漁船は良い仕事をしているようで、北海道産の秋刀魚は刺身用が特売で@100円で売られているのを見た。
例年だと旧盆の8月中旬前後に俺は初秋刀魚を食すのだが、今年はなかなか生秋刀魚の値段が下がらなかったので買えなかった。

友達からすだちを1箱もらったので、いよいよ秋刀魚を食べなくてはならない状況に追い込まれた。
@148円で4本。OKで買いました。
2本はそのままの奴で、22本は頭落としてはらわた抜いてある奴。
たまたまこの日家に居た子供二人は「刺身で食べたい」と言うのだ。
嫁は帰宅が遅くなると言うので焼き用2本は俺が食べる!

20100831_230615

20100831_231957

何故に秋刀魚って魚はこんなに美味しいのだ。。。。

秋の味覚、もうひとつ
茹で落花生だ。

20100831_165303

神奈川県秦野産の落花生、2袋で500円。

20100831_165652

ボールに水を張って、浮こうとする豆を蒸し器で抑える。
適当な大きさの落とし蓋が我が家には無い!

茹でる湯に塩を適当に入れて。

20100831_165705

更に蓋をして1時間茹でました。

塩味がやや薄かったけど、血圧高めの俺にはOK

サヤを指で押さえて割って、ちょっとしなしなの南京豆は柔らかくてとても美味しいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金曜日)

やふオクでホタテ

某大手コミュニティサイトmi*iでお友達がホタテをオークションで買って食べたら美味しかったという書き込みに躰が熱く反応。

その場で某オークションサイトに接続して「逝き活ホタテ」で検索汁と、残り15分4㎏で100円ってのを発見したので速攻入札。

ちょいと別のことやりながらパソコンの前で遊んでいたら、「おめでとうございます あなたが落札しますた」とメールが届いたぜ。

出品者からの連絡が翌日届いたが、ブツは100円なのだが+して送料2400円に梱包手数料500円ってことで3000円也。

20100624_173840

こんな感じで、発泡スチロールのいわゆるトロ箱でクール便だけど保冷剤一切無しで届きました。

が、しかし

貝を一枚ずつ検量してみると、1枚当たりの平均重量170gで19枚。
総重量3.2㎏分しか入って無いので、評価欄で「よくない出品者」と連絡をしたら、出品者から連絡が有って「誠意有る対応をさせて頂きます」とのことだったけど、俺はまぁ今回のコトは自分の勉強代だと思って「特に何も求めませんから」と返事をしたけど、またホタテを送ってきてくれました。

でもやっぱり同じような送り方で保冷剤も入って無いから、受け取り側はすぐに開封してホタテを処理するなり、冷蔵庫に入れなくちゃいけないわけ。
まだ外気温が低い時期だったらいいけれど、今みたいに梅雨時で気温+湿度が高くて、ましてやブツが食あたりを起こしやすい貝類となると、ヤヴァイんだよね。

この時期に生ものを知らないところから買う時には細心の注意を払った方がいいね。
それから100円~出品ってのは過去の教訓からしてかなりリスクが伴うわ。
出来れば「送料込みで***円」ってかたちで出してる出品者を選んだ方が判りやすい鴨。

ホタテは美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日曜日)

ベビーホタテ

20100327_211450

得意先のスーパーで@10円程度で売られていたので買って来た。
どうやって食べようかと考えたが、普通に酒蒸しにする。

フライパンに油をひいてにんにくを炒め、香りが出たところで洗ったホタテを投入。
酒と醤油少々を振りかけて蓋をして、貝が開いたら火を止めて出来上がり。

20100327_213257

完全に火が通るか通らないかのところだったので、部分的に生っぽいところもあったけど、活きていた貝なので問題なし。
シンプルだけど美味しかった。
酒の肴に最高。

大きいフライパンで調理したけれど、貝が多かったので上の方に乗っていた貝は口が開いてなかったから、皿のホタテを食べ終える頃に再度加熱して一人で全部食べてしまったさ。

20100327_120753

おまけ画像はプリムローズ。
この頃から比べると立派になったもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月曜日)

鮭2本

オークションで雌雄1本ずつ買いました。
一昨年去年に引き続いて今回で3度目ね。
2本で6200円。
一昨日、得意先で売ってたけれど、大きめの雄で6800円していたよ。

届いた鮭、重さは計って無いけれど、どちらも3㎏は軽く越えてる感じ。
特に雄は重たかった。

20090913_173251 まな板の大きさは60cm

上が雄で下が雌。
見分け方は、口の形、あぶら鰭の大きさ、尾の形。
雄は口が曲がっていて、あぶら鰭が大きめで、尾がV字に切れ込んでいるのだ。

20090913_180107 2枚に降ろしたところ

スチールたわしで体表のヌルを落として、出刃包丁で鱗をバリバリ落とし、頭を落として卵、白子と内臓を取り出して3枚卸し。

4月に骨折した右手親指がまだ痛くて、久しぶりに大きい方の出刃を握ったけれど思うように力が入らず難儀した。涙。。

もう暫くは小物釣りしか出来ない鴨。

20090913_180813

筋子は塩水に取って、チマチマほぐして醤油漬け。

20090913_200128

今回は味醂4に、だし醤油6で漬けてみる。
明日以降食べるのが楽しみだぢょ。

身はもちろん、頭、中骨も全て調理しやすい大きさに切り分けて、冷凍、冷蔵保存。

20090913_201221

今夜は取りあえずホットプレートでちゃんちゃん焼きにして食べたけど、美味しいね!
白子はオイラが出掛けてる間に無くなってたけど、明日以降も何度か美味しい鮭料理を食べられるのが楽しみなのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水曜日)

岩牡蠣

去年の今頃だったかな? 飯岡で食べた岩牡蠣を思い出し、また食べたくなったので得意先の鮮魚売り場仕入れ担当に「良さそうな岩牡蠣入ったら買っておいて下さい」と声を掛けておいた。

翌日行ってみたら、「今日は2カ所から入荷があったんだけど品物が良く無かったので見送りました。」とのこと。

そのまた翌日、今度は「凄い牡蠣が有りましたよ!自分もあまり見た事が無いような牡蠣です。とにかく見たら驚きますよ。」
驚いて見たいと思ったけど値段もちょいと心配だったよ。
10個頼んでおいたからね。(^^;

20090620_223028

家で秤に乗せたら800グラムちょい有りましたね。
値段は1個650円。
まだ開店前でレジが開いて無かったので、支払いは週明けで良いですよ と良心的。

まな板の上に乗せてナイフでこじ開けようとしたけど、これがかなり大変だった。
かなづちを持ち出してヘチのところを少し叩き割り、マイナスドライバを突っ込んで少し開いたところにナイフを入れて貝柱を切り、片側を開いてもう片方の貝柱もナイフで切った。

20090620_224235

身と貝殻を良く水洗いしてポン酢ともみじおろしで食べたけど、卵の部分なのか口の中でとろける食感がっあったり、貝柱のしっかりした歯応えがあったりで激しく美味しかった。
生牡蠣の苦手なせがれも美味しいを連発してたね。
娘達は全員この手の物に目が無いので嬌声を上げてた奴もいた。

月曜にお勘定を支払いに行ったら、6000円で良いですよ。って、週末儲かったのか見下げして頂いてしまいました。"ヽ(´▽`)ノ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月曜日)

キンメダイのシャブシャブ

先週の平日伊東方面から船釣りに行った親父殿からキンメダイ4尾とスミヤキ(クロシビカマス)1尾をもらった。

Dvc000643

小振りのキンメ3尾は煮付けにして、スミヤキは8等分に卸して味噌漬けにしてみた。

1尾残った大きなキンメは、先週金曜日に消防団の忘年会の席でブリのシャブシャブなるものを食べたので、それをヒントにシャブシャブにしてみた。
ブリのシャブシャブは切り身が大きかったせいか、どの程度シャブシャブして良いのか難しくて、火の通し加減を変えて何切れか食べたけれどどうしても微妙に生臭さを感じて、さほど美味しい物とは感じられなかったのだ。

土鍋には食べる半日くらい前に水を張って昆布を入れておく。
キンメは普通に三枚卸しにして、腹骨を取って半身を更に半分に切って刺身で食べる時のように薄切りして、皿に葱1本を刻んで敷き詰めた上に並べる。

Dvc000713

鍋に火を掛けたら白菜と豆腐を入れておく。
付けダレはポン酢、万能葱、もみじおろし。

Dvc000693

生憎、普通サイズの土鍋を割られてしまって大きなサイズの土鍋しか無いのだが、今回は子供達全員+孫も居たのでこのサイズで良かったのか。

キンメを箸でつまんで湯の中でちょろちょろっと洗う感じでタレを付けて食べてみたら、激しい美味しさ。
柔らかくて上品に脂の乗った身は口の中でとろけるようでたまらない。
食べ終えた後はご飯を入れて溶き卵を回し掛けて雑炊ね。

いや、ホントたまらない美味しさでした。( ̄ー+ ̄)

おまけ画像↓

Dvc000673 定番、キンメの煮付け

文句無しの美味しさ。
骨までしゃぶってしまう。

Dvc000683 スミヤキの味噌漬け

この魚もかなり脂が乗ってて、味噌漬けにした翌日ひと切れを焼いて食べたけれど、脂がはじくのか味噌の味染みがまだだったみたいなので、少し寝かせた方が良いかも。
だけど、かなり美味しい魚の部類に入る事は確か。
太刀魚にも少し似た味だけど、もう少し脂が強いかな。
コンロで焼いてる時に窓から覗いて見たら、落ちた脂が焼けて炎が上がってたくらいだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月曜日)

魚の買い物

昨日の続き

苺狩りを終えて、また長井水産に戻って自宅で消費する昆布や野菜を買って、店頭にて炭火で焼き物をして売っていたので食べる。

Dvc00387 サザエとツブ貝 @100円

Dvc00388 マグロの串焼き @100円

サザエとツブ貝は結構歯応えがあって、入れ歯のオイラはうまく噛み切れずにかなりの大きさのまま飲み込む悲しさ。bearing
マグロは中が回りが香ばしく焼けていて中はレア。
どちらもやや甘みの強いタレで雰囲気で食べるって感じ。
他にもスルメイカの姿焼きが200円とかであったなぁ。

で、また長井に移動して魚屋さんに行ってみたら、タイミング良くフォークリフトで水槽ごと活きたイカや黒鯛が運ばれてきたのでアオリイカ2杯をゲット。
それと刺身で食べられる新鮮な鯖を3本。

因みに価格は
アオリイカ100g 200円
ヤリイカ 同上 400円
鯖    同上 150円
刺身用鯖 同上 180円

| | コメント (0) | トラックバック (0)