2011年7月17日 (日曜日)

またまた芦ノ湖

先週に引き続き、今週も行ってきました。
海の釣りでも良かったんだけど、クソ暑い毎日の連休中日で帰りの渋滞を考えると、先週と同じパターンで行動すればそこそこ楽しめて早い時間に帰って来られるかな と。

3時に自宅を出発して、近所の友達をピックアップして東名川崎から小田原厚木道路、箱根新道で箱根湾へ。
5時ちょい前に到着したけれど、駐車場に入ってる車の数が先週の倍くらいでボート屋も第一陣の客を送り出すのに忙しく、受付に時間を取られてしまったので釣りを始めたのは結局5時30分近くになっちまった。

20110717052024_01

満月に近い月がまだ沈まずに顔を見せていた。

20110717053347_01

本日は2本竿で挑んだが、古い仕掛けの針掛かりが激しく悪かったので効率的に言うと1本プラスおまけ程度だったなぁ。

20110717094436_01

9時30分頃まで釣って終了。
最終的な釣果は先週より気持ちだけ多い350グラム。100匹くらいかな?

20110717095450_01

遊覧船の海賊船と富士山。

20110717095709_01

観光客向け記念写真ポイント。

帰りがけに小田原でモーニングバイキングでも食べようと、行ってみたら店が無くなっちゃってますた。

20110717120710_01

そんじゃ久しぶりに二郎でも行ってみようかってことになって、武蔵小杉の二郎に行ってみたら、ここも526(こじろう)に替わってますた が、味や盛りつけはそのまま二郎。
普通盛り+豚で750円だったけど、ジジイになってきたので量的に大杉。
好きな味なので完食はしたけれど、おなかがかなりヤヴァかったかも。

次は「麺少なめ」で頼むかね。
悲しいけど+豚も卒業した方がいい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水曜日)

芦ノ湖ワカサギ

日曜日に久しぶりの釣りに出掛けた。

3時に自宅を出て二人の友人をピックアップして芦ノ湖元箱根湾へワカサギ釣り。

20110710055114_01

手こぎボートを借りて、ポイントまで曳いてもらって魚群探知機で場所設定からアンカー降ろしまで至れり尽くせり。

20110710055047_01

この日の仕掛けはこれ。
餌は付けずに14本の空針で釣るのだ。
竿は2本用意したけど、結局1本しか使わなかったよ。

20110710062146_01

下界を走っていた時は全く雲が無かったけど、山の上だから雲有り。
早朝の静かな湖面に浮かんで、野鳥の囀りを聴きながら釣り糸を垂らすってのはとても気分が良い。

20110710063123_01

日差しは強いが湿度が無く、時々吹く風が心地よい。

20110710074046_01

雲に隠れていた富士山も一時だけ顔を出した。

20110710074737_02

一度に1匹~6匹くらいを水深10メートルの底から釣り上げる。
やっぱり朝一番が勝負で、時間が経つに連れてアタリは遠くなったね。

20110710082428_01

8時24分の時点で同行組は朝寝に突入。
あたしゃ釣り続けていたけれど、魚の気配が激しく遠のいたので早めに上がりましょう。

20110710092537_01

釣果は300グラム弱ってとこ。
1尾が3~4グラムって話だったけど、若様の大きさは結構バラついてますた。

20110711200830_01

で、翌日料理しました。
数は80凸凹ってとこだったっす。

20110711210711_01

全て俺が大好きな南蛮漬け。
3回に分けて主に酒の肴として完食。

美味しかったぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水曜日)

レトロな電動リール

親父からもらったのは良いけれど、詳細不明。

判るのは、ミヤエポックの電動リールってことだけで、それらしい型番入れてググっても何の情報も出てこない。

20110625144419

バッテリーに繋いで動作確認をしたらちゃんと動くんだけど、糸を巻くハンドルが無くて、有るのは電源スイッチと大きなドラグレバーだけ。
深場用だってのは判るけど、大きいし重いし何を釣る時に使えばいいのじゃ?

4月頭に釣りに行ってから、今まで全く釣りをして無いのでそろそろ禁断症状出始めてます。

しかし今度の日曜も訓練だす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月曜日)

飯岡沖ハナダイ

今年2度目の釣りに行って来たのだ。
いつも行く船宿に予約を入れておいて、午前2時50分に自宅を出発。
品川区某所のお友達と合流し、首都高戸越ランプ→京葉道路→千葉東金道路→銚子連絡道路と乗り継いで、お約束集合時間の5時ちょい前には飯岡港入り口のコンビニ到着。
買い出しをしていたら船宿から電話が入り、宿の方で受付してくれって催促が。。

先に港に寄って船の座席を確保するが、ハナダイ船は古いちっちゃい方の船で、しかも既にお客さんが一杯で二人並んで座れるのは左舷胴の間操舵室横だけだったっす。
宿に行って受付を済ませて再度港へ。
釣りの準備をしているとすぐに出船。

キャビンもあったのだろうが入らず、釣り場までの1時間弱をずっと座席に座って東の空を眺めていた。

20110306055623_01

太陽が昇る前の空は綺麗で、刻一刻と変わる空の色や雲は見ていて飽きなかった。
操舵室の横でしかも風裏だったので寒さはさほど感じられなかったよ。

釣り場に着いて餌の活き海老がボールで配られる。
今回の海老は大きいのも有れば小さいのも有るが、平均すると餌として非常に使いやすいサイズだった。
報告はしていなかったが、前回11月に乗った時の海老は↓の画像のやうに非常に小さかったのだよ。

20101114_075736_01

丸カイズ11号4本鉤の自作胴突き仕掛けに40号錘を使った釣りが始まると、最初の一投目からアタリがあってコンスタントに釣れる。
ハナダイに混じってやや大きいマダイやウマヅラも混じるので良い。
今結構釣れているホウボウも欲しかった魚だが、1匹だけ大きいのが釣れたので良し。
2匹目のホウボウは船縁でバラシてしまった・・

途中1度だけ流し変えたけど、GPSを見たら飯岡真沖の結構狭い海域をずっと流していたようだ。

20110306

20110306115200_01

最終的な釣果は、ハナダイとマダイあわせて58枚、ウマヅラ2枚、アジ2尾、ホウボウ1匹、セグロイワシ若干だった。
11月の時はタイが70枚を越えていたが混じり物が少なかったので、今回の方がクーラーの重みはあったのだ。

港への帰りは風が向かいからだったので体感温度が低く、とても寒かった。
陸に上がってラーメン屋を求め車を進めたが、途中の定食屋のカレー蕎麦で許してやった。

その後は晴彦さんが運転してくれたので、助手席で寝てました。
しかし前夜殆ど眠れなかったので、帰宅して午後6時から午前4時過ぎまで爆睡ですた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火曜日)

初釣りは夜太刀魚

前夜の酒がたっぷりと体内に残っていたのでゆっくり目覚め、夕方からの船だったら元気になっているだろうと前回船が出なかった船頭に電話すると、今日は船が出るだろうから来てみなよと言われ、予約した。
道具は1ヶ月前に出かけた時のまんま車に積みっ放しだったのでOK。

昼頃2時間ほど寝たら寝坊して、午後2時に目覚めて慌てて出発。
インターまでの道と東名に乗ってからは割と空いてたんだけど、沼津で降りたら一般道が工事でプチ渋滞。
インター降りたところで船頭から電話が入り、「もうみんな来ていて、あんた一人だから早く来てよ。船が出せないよ。」と言われて焦るが、何しろ道が混んでいるのでどうしようも無い。
港に着くちょいと手前でも再度電話で「どこまで来てる?」ってせかさないで下さいな。
買い物する時間無くなって、飲み物食べ物一切無しで乗船。即出船。

ここのところ釣れているようなので客も多く、ここの船は何度か乗っているが初めての2艘出し。初めての船頭に初めて乗る小さい方の船。
思い切り職漁船なので船縁が広く、チビラークが取り付けられなかったっす。涙

港を出ると北西方向に進路を取り、狩野川河口や沼津港を越えて更にやや北上したところで錨が入った。

20110206164846_01

岸がすぐ近くに見える、こんなところで釣るんだわさ。
周りにも既に多くの釣り船が集まっていたけど、どの船も釣りをしてる風では無く、ただぼーっとしてるだけ みたいな感じに見えた。
明るいうちは全く釣れないらしいけど、場所取りみたいな感じで早めの時間に出船するようだ。
焦って急いで来てなんだか少し損した気分。。

20110206170909_01

海上はやや風が有るものの、湖に浮いてるようなベタ凪。
5時を回ってもまだ明るい。取りあえずやること無いので仕掛けは降ろすが餌なんてまるっきり囓られもしない。
5時半頃にようやく暗くなってきたけど、周りの船を見ても釣れてる気配が感じられず。

20110206171249_01

船頭さんはせっせと付け餌の冷凍サンマを裁いてはパックしてくれる。
去年2回乗った時には、これを3パック4パックとお代わりしたので、沢山用意してくれる分には餌切れの心配をしなくて済む。釣れれば の話だけどね。

前日は36から32メートルくらいのところで良く食ったって言うけど、そんなに深いところじゃ手巻きのオイラにはキツイ仕事。
水深はそれほどでも無いけど、使う錘が80号たから道具は結構重いです。

40メートルのそこまで仕掛けを降ろして、50センチ刻みで誘いながら巻き上げることを繰り返していると、22、17、12メートルくらいでアタリが出るようになった。
だけど乗らない。食いが悪いのか腕が悪いのか。。

6時30分頃にようやく11メートルで掛けて一本目が釣れた。
二本目は8メートルで食った奴。
三本目はかなりの大型と思われたが、巻き上げ途中で8号ハリスが切れた。

8時頃になって少し移動し、大きな船団になっているへりのところを流しながら釣る。

20110206203742_01

前の方の人は1メートルくらいずつ巻き上げては、待ちの時間を多めに取って確実に食わせて数を伸ばしていたけど、後ろの方はスカばかりでなかなか数が伸びず。
途中から風が吹いてきたけれど、操舵室の後ろに陣取っていたので丁度良く風が避けられて、体感温度もそれほど寒く無かったのは幸いだった。

10時50分の沖揚がりで、結局5本の貧果。
後方組3人は皆同じような数だったかな。
サイトの釣果情報を更新しないところを見ると、やはりあの日は全体的に良く無かったのだろう。
釣れたサイズは85センチくらいが揃っていて、小振りなのが居なかったのは良かった。

鯵の干物を5枚土産にもらって、1時45分頃自宅に帰りましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日曜日)

沼津にて

沼津にて

太刀魚釣りの乗り合い船に予約を入れておいたので、午後二時少し前に自宅を出発。

港に着いたら集合時間なのに誰も居ないので船頭の携帯に電話したら、「今日は風が強いから出ないよ〜」って…

家を出る前に、パソコンで渋滞情報は調べたけれど気象情報はノーチェック。。

出ないんだったら電話一本くれよ、船頭さんよ!

これから帰っても連休で 上りは渋滞してるし、釣りのつもりだから格好もヤボだし。
足元なんざ便所サンダルと長靴だぜ?

どこかのひなびた日帰り温泉施設にでもしけこんでましょうかね。

【追記】

と、現地から携帯で送信しておいて、港で海に沈む夕陽を拝んで適当に車を走らせてみたところ、伊豆長岡温泉ってのがわりと近くにあったのでそちら方面へ。

温泉街に入り、靴屋があったので入店してサンダルだとマズイので靴を買い、レジで「この辺に日帰り温泉施設ってありますか?」と尋ねると、すぐ近くにあるというので突入。

光林という宿泊も出来る温泉施設でして、入館料900円とタオル小200円、貸しタオル200円の札を自販機で買って入館。

_20110109_024

風呂に直行して内風呂、露店風呂にのんびりと浸かったね。
湯質はあまり温泉っぽくなかったけど、空いてる露店風呂に「ねる湯」ってのがあって、そこだと長時間浸かっててものぼせない。
湯から出てる部分は涼しくて気持ち良く、月を見ながらぼーっと出来た。_20110109_025 ※実際はもっと暗いっいすよ

 

風呂から上がって2階にある仮眠室に行き、薄暗い室内で先客4名が眠っていたので仲間入り。
iPodで静かなJazzを聴きながら、リクライニングチェアーで1時間半程眠ってしまった。

更に風呂に入ることもせずに施設を出て、近所にラーメン屋があったので入店。
カウンターに座って気付いたのだが、家を出る時も女房が作ったつけ麺を食べて来たのだった・・(;;;´Д`)ゝ

_20110109_023 出掛けに食べたつけ麺

_20110109_026 ラーメン屋で食べた辛い麺

辛さで軽く発汗した状態でラーメン屋を出て、車に乗ってラジオで道路交通情報を聴くと東名の登りが20数キロ渋滞してるというので、帰りは箱根を抜けて帰ろうと決意。

20110109 この日のGPS記録

三島市内で午後9時、途中の渋滞は西湘バイパスを降りたR134が詰まっていただけだったし、箱根新道、西湘バイパス、新湘南バイパスは高速道路無料化社会実験でタダ。
有料道路の代金は横浜新道の200円だけで済んだぢょ。

帰宅は午後11時だったので、東名使うよりも早く帰って来られたかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月曜日)

ショウサイフグ 得意な釣りの筈だったのに・・

慣れないことをしたからか。
いつもは朝4時半に港の集合時間に間に合うよう夜中の2時頃に出発するんだけど、オヤジ化が進んだのか同行の晴彦さんとの事前相談で「ゆっくり眠れる前泊にしましょうか」ってな話になったので、船着き場近くの民宿に素泊まりの予約をした。

土曜日の午後7時に出発して9時頃に宿到着。
部屋をパっと確認してすぐに居間?みたいな、やけに落ち着く場所で他の宿泊者3人組とケーサ呑みながら釣り談義。

3人さんが就寝の為に部屋に戻ったところに、もう一組の二人連れのお客さん登場。
またまた釣り談義をして23時30分くらいに解散。

20100911_232343

20100911_232517

港が見える部屋、冷房は無いので窓開けっ放しで、ちょいと湿っぽい布団に入りました。(宿代2000円じゃぁしょーがねーか!?)
灯りを消して布団に入ったけど、すぐには眠れないのでiPodでポッドキャストなんぞを聴きつつ眠りに落ちて、翌日4時の目覚ましでさっさと起床。

コンビニで朝メシを買って船に行くと、右舷艫が空いていたので着席。
準備をしようと5尺ちょいの自作竿を見たらトップのガイドが飛んで無くなってました~!
ちゃんと積み込む時に準備しろよ>ぢぶん

ここらへんから何かがおかしかったんだよね。
テンションがいつもと違って高ぶらない。

船長さんがやって来て5時ちょいに出船。

20100912_050401

久しぶりに見る朝焼けは綺麗。

20100912_054220

30分程して釣り場到着。
沖も波が無くて凪いでいたし、風も無くて短パンアロハに便サンでもOK。
事前にチェックしていた情報では、台風が来る前の連日制限の80匹釣れていたので、一投目は遠慮がちに餌はアオヤギ1個分。

水深20メートルくらいだったかな? アタリは出なかったけど、隣りの大艫氏はアジとかハナダイ釣ってるし。。 ?なんでって思ったら、胴突き仕掛けでした。
すぐに「灘寄りで連れてるから少し走ります」って、もう一度岸寄りに向かって戻ることに。

最初より少し浅い水深で釣り再開。
取りあえずアタリは取れるし、何匹か本命のショウサイを揚げたんだけど、トップガイドが無い変な竿で釣ってる自分に嫌気が差して・・
予備に持って行った8尺の長めの竿に変えて、仕掛けも4本鈎の喰わせ仕掛け。
餌は5年以上前から会社の冷凍庫に入れておいた、完璧に冷凍焼けしたアルゼンチンアマエビの尻尾を節のところで切って、丸カイズ13号の鈎に付ける。

どれだけ冷凍焼けしてるかと言うと、手に持った感じが軽いのね。
だから一度エビを桶の水の中に入れてやると、水分を含んで普通になる みたいな感じ。
それでもちゃんと喰って来ました。
アジが3匹とハナダイが3匹くらい?
あまりにもちっこいハナダイは放してやりましたけど。

で、喰わせ仕掛けの下にカットウ仕掛け付けたりして、かなりいい加減な釣り方してました。
竿が違うと駄目ね。
釣り方も変だったけど、アタリで合わせても乗らない。

20100912_110644

釣果はちっこいフグばかり26匹。
11時50分頃の沖揚がり前1時間程は釣果も自分のテンションも最低だった。
次のフグ釣りはしっかり道具の準備して行くよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月曜日)

駿河湾 太刀魚夕方便

8月最初の日曜日にして、休みを1人で好き勝手に使えるのはこの日だけ。
釣りに行くしか無いぢゃん?ってことで、最初は飯岡のハナダイがフグ混じりで釣れてるので行ってみようかと思ってたけど、お誘いした人達がことごとく都合悪かったので船宿は予約しなかったのね。

で、土曜日も2時頃まで起きてたけど、目覚まし掛けて川崎の船宿から半日サバでも行こうと思っていたけど、目覚めたら8時回ってますた。
じゃ、午後の便はどうよ?って船宿に電話してみたら、横浜で花火大会が有るので、そっちに船回すから午後便は早揚がりになりますって・・ やめた。

沼津の夜太刀魚がまた釣れ始めていたみたいだったので、春に乗った船頭の携帯に電話したら「今夜も出るよ」ってんで予約入れたのだ。
仕掛けは前回作ったのが残っていたので、出掛ける仕度は簡単だった。

午後12時半頃早めに出発して、途中沼津から港に向かう街道筋の釣具屋に立ち寄って、ペンチ、ナイフ、指サックを購入して3時ちょい杉には港へ到着。

20100801_152153

ビール1本飲んで港を散歩して、車に戻ってエアコン掛けたまま少し横になったのだ。
小一時間眠れたようで良かった。
集合時間の5時少し前には本日の乗船者オイラの他2名と船頭も来たので、5時半出船予定を早めてすぐに出船。

20100801_171459

港を出て5分くらいでエンジンがスローになり、場所探しが始まった。
御用邸前公園の沖らしく、港からすぐ近くの場所でアンカーが入れられたんだけど、なかなか餌が配られずに釣り開始の合図も出ないから、おかしいなと思っていたら客と船頭が大声で喧嘩してた。(^^;
回りに船が居ないから場所替えた方がいいんじゃまいかって客が言ったらしく、船頭がえらい剣幕で怒っていたぜ。

サバの切り身餌が渡されて、水中灯が降ろされて釣り開始。
水深は60メートルくらいとのこと。船頭に「タナはどのくらい?」と聞くと「底からやってみてよ」って深すぎじゃない??
取りあえず最初の一投目は錘が底に着くまで糸を出し、誘いながら仕掛けを上げて来ると、40メートル付近でアタリ。合わせたら乗りました。

20100801_173502

指3本半くらいのまぁまぁサイズ。
このくらいだったらOKだね。

しかしその後は広いタナでサバが掛かり始めるし、太刀魚が来ても小さい・・
指2本とか細すぎだろ?
サバが一荷で掛かると8号2本鈎のハリスがよじれて変な癖が付くから嫌。
でもサバも好きだから、あまり小さい奴以外は首を折ってバケツで血抜き→クーラーへキープ。
7時頃になって周囲が暗くなるとサバが来なくなった。10本くらいはキープしたと思う。

20100801_194629

来る途中、狩野川の橋を渡る時に花火の準備をしていたが、今夜は沼津の花火大会だったようで、ちょっと遠かったけど今年最初の花火大会見物となった。
花火が上がっている時間、太刀魚の喰いも活発で3回連続一荷なんてのもあった。
タナはバラバラで、40メートルくらいでも来るけど、15メートルより上でも来る。
サイズは8割くらいが小型。。 数釣れるのは面白いけど、ちょっと小さすぎかなぁ。

船頭も仕掛けを降ろしてサバだの太刀魚だの釣ってる。
サバはその場で卸して餌になる。
餌はかなりたっぷりもらえるが、2本鈎だと消費も激しいので4回くらいおかわりをしに行ったさ。

20100801_215903

持参した自作仕掛け3組が全てお釈迦になったので、前回保険で買っておいた市販仕掛けに替えてみた。
丁度潮の流れが止まったタイミングと被ったせいもあるのだろうが、この仕掛けは鈎掛かりが良くなかった。最後の1時間はこの仕掛けだったけど、タチ3本くらいしか釣れなかったかも。

20100801_225421

11時ちょい前に終了となりまして、50リットルクーラー八分目くらい。
50本くらい居ると思うけど、サイズが小さいからなぁ・・

帰りは途中休憩もせずに東名をひた走り、一時ちょいには自宅に戻ったのだ。
アロハ、短パン、便所サンダルで釣っていたけれど、海上無風状態だったのでじっとり汗をかいてしまった。
帰宅後即座に風呂に入り、全身洗い流してサッパリしたぜ。

後片付けは明日だ!
もう寝る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水曜日)

トロサヴァ釣り

5月の連休以来、丸2ヶ月振りの船に乗っての釣り。

前夜は1時まで中学時代の同級生二人とカラオケ遊びをしていたので、1時半頃帰宅して眠そのまま布団に直行で意識不明状態。

2時過ぎにメールで出火報が入ったが全く気付かず。
5時半過ぎに晴彦さんが迎えに来てくれたけど、何度目かの電話で急いで飛び起きて出発。
途中、実家でクーラーに氷を積み込んで走ると、火災現場の脇を通った時に消防隊が撤収しているところですた。
携帯を見直して消防団の配信メールに気付いた時には全て終わっていました。_| ̄|○

金沢八景、忠彦丸に到着して先行のわたなべさんと合流。
もっとずっと混んでいるかと思っていたけど、あたしらの乗った右舷は5名だけ。

20100704_072200

20100704_070830

ビシは宿で貸してくれる40号とライトタックル用の天秤がセットになった奴。
コマセはアミコマセで、付け餌はオキアミ。

7時30分の出船で、15分ちょい走って中ノ瀬へ到着。
本命を釣ったシトも居たが、後が続かずで移動。
その後何度か場所移動をしたが、掛かってくるのはシコイワシ(カタクチイワシ)ばかり。
イワシも好きなのでバケツに何匹か貯まったらコンビニ袋に入れて氷と海水でガンガンに冷えてるクーラーに仕舞う。

9時半頃からだったかな まともに本命が釣れるようになったのは。
9時頃に潮変わりがあったから、きっとそのせいで急に喰ってきたのかな~なんて。
真面目に手持ち竿で釣れば、ちゃんと喰ってきてくれるんだけど、横着して置き竿にしてると駄目ね。空の仕掛けを回収することになります。

11時丁度におしまい。
釣れ始めがもっと早かったら沢山お土産確保出来たんだけど、本命26本にシコイワシを晴彦さんからもらった分も含めて50弱お持ち帰り。

20100704_114112

50リットルクーラーだったので余裕たっぷりだぜ!
ただ、このクーラーを満タンにするくらい釣ると、一人で船から降ろすのはむずかすい鴨。
一人で来る時にはもっと遠慮した容量のクーラーがいいだろう。

20100704_120527_2

で、今回は「釣った鯖を全て500円で捌きます」というサーヴィスのお世話になったのだ。
3枚卸しまでしてくれるのだが、頭落としてワタ抜くまでと指定してやってもらった。
うちの近所の生ゴミ回収は水曜と土曜なので、この時期日曜に釣った魚のアラを水曜日まで自宅でキープしておくのは大変なのら。
部屋に置いておくと臭う、蝿が来る。外に置いても臭う、そして猫が来て袋を破いて悲惨な目に遭うのだ。

20100705_122550

20100706_120728

鯖は刺身、〆鯖、ユッケ、醤油煮、味噌煮で食べたが非常に美味!
3枚卸しの中骨と、腹骨はもったいないのでアラ煮にして自分で食べようと思っていたら誰かに食べられて無くなっていた。
イワシは翌日処理したのだが、結構ハラワタボロボロ状態になっちまっていたので、手開きにして梅干し煮にした。
ご近所お裾分けしたので自宅で食べたのは8本くらい。
長女のところがうちで調理したのを持って行ったので、もっと自分のところに魚残しておけば良かった鴨。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金曜日)

ハナダイ釣りに行ったけど・・

2.3.4と連休だったけどどこにも出掛けずに家で引き籠もっていた最初の2日間。
連休最後の4日に細野ちゃんと飯岡までハナダイを釣りに行った。
何年か前のこの時期、飯岡で釣ったアジが脂乗り乗りでとても美味しかったので、外道のアジを本命として出掛けたのだ。

夜明けがすっかり早くなったので、すっかり明るくなった5時頃に出船。
4.50分ほど沖に走って釣りが始まったが、最初に釣れたハナダイが20センチ凸凹のキープサイズだったので、いい感じの釣りになるかなと思っていたらキープサイズはその一匹で終わり、その後はリリースサイズの赤ちゃんばかり。
でも時々アジ、サバ、イナダと嬉しい外道も釣れてくる。

あ、道具はと言うと、竿が自作の8尺ほどの竹竿で、この竿は自作の中で一番使っていると思うが、最初は丸節の胴が硬めだったけど最近柔らかくなってきちゃってちょっと大きい魚が掛かるとかなり曲がるようになってしまった。
リールは小型両軸の左ハンドル、道糸PE2号、自作の仕掛けはハリス3号に枝2.5号の丸カイズ11号の4本鈎。餌はエビジャコ?活き海老のちっちゃい奴で、この日のサイズは小さめが揃っていてなかなか良かった。大きいと頭だけ囓られてしまう。頭の無くなった海老はベラくらいしか食べて来ないから。

何度か潮回りして水深30~40メートルくらいのところを探ったけれど、なかなか良いポイントが見つからずで8時頃になって大きく移動。
飯岡の真沖から東に進んで、遠くに犬吠の灯台とその後ろに銚子のタワーが見える辺りまで来ると、飯岡や外川の船が沢山集まっていたので、こりゃいけるかなって。

20100504_080825

同じ船宿のホウボウ船も居たので、ホウボウも釣れる場所なんだなと思っていたら、やっぱりホウボウが良く釣れる。
底から2メートルくらい仕掛けを上げていてもホウボウが喰うし、仕掛け回収で相当上まで巻き上げたところでサバが喰ったり、底でイナダが喰ったり。

途中で竹竿が可哀相になってしまい、予備に持って行った柔らかめのビシ竿に取り替え。
道糸も3号と太いので大きめのホウボウが掛かっても遠慮無くガンガンリールのハンドルを巻けるのは良い。

11時半頃に終わって、また小一時間ほど走って港へ戻る。

20100504_130335

ハナダイ、アジ、サバ、イナダ、ホウボウと五目釣り達成でクーラーに魚が入りきれず、車に積んであったトロ箱にホウボウ4匹を入れて帰ったさ。

544

船頭さんが撮ってくれた画像が船宿のサイトに上がっていたので頂きますた。

大きな船、片舷4人で天気も良かったしお土産沢山で大満足の釣りが出来たぢょ。

でもこのあと6月一杯までは日曜の日中は釣りに行けません。何故なら日曜日全てが消防団の訓練。
悲しいけどアナゴやイカとか夜の釣りで我慢するのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧