2010年8月30日 (月曜日)

マイカー(軽貨物自動車ですが何か?)を車検に通す

2年前の2月に不慮の事故死で逝っちまった友達が仕事で使っていた車。

俺が前に乗っていた15年落ち15万㎞走っていたアベニールを、車検1年残して捨てて2年前にこの自動車を譲り受けたんだけど、保管先の横浜の先まで頂きに行って初めて聞きました。「この車、スピードメーターが動かないんですよね。」って。

直すと10万円以上掛かるらしいので、このまま車検通すしか無いなってんで、譲渡証明やら名義変更(持ち主が故人だったので手続きが結構面倒だったけど、ひとりで何とか出来ました)をした後、車検が切れていたので役所で仮ナンバーを頂き、品川の軽自動車検査協会に持ち込んで一発目の車検を通しました。

今まで黙っていましたが、この車はホントに滅多なことじゃスにピードメーターが動きません。
ただ、タコメーター(エンジン回転計)は上から叩くと動くので、他の車に乗っていた時に実感した40㎞のスピードが、この車だと大体2500回転ちょいでそのスピードになっていると認識しました。

最初に車検を通したこの時は、俺の前後に検査を受ける車が居たので検査員が忙しく、スピードメーターの動作確認はされませんでした。
「40㎞になったらパッシングして下さい」の検査でタコメーターが2500回転を越えたところでパッシングをしてOKね。(一度NOになって再検査させられましたが・・)
その他の検査も順調に進み車検を済ませ、窓口で車検証もオイラの名前に無事書き換えられて目出度しでしたよ。

20100830_100910 軽自動車検査協会東京主管事務所

今日は品川の勝島まで配達があったので、「俺の車で配達してそのまま車検受けて来るから」と行って、前日にwebサイトから継続検査の予約をしておいたのだが、配達がトントン拍子に済んだので第2ラウンドで予約しておいた受付開始時間よりも前に着いてしまった。

車検に必要な自賠責保険は、前もって近所の知り合いのところで更新してもらってあったので、この日は重量税と検査手数料だけの納付。
必要書類一式を30円で窓口で頂いて、車検証を見ながら必要事項を提出書類にカキカキして、重量税と検査手数料の印紙を買って書類に張ってもらい、隣りの棟の継続検査受付窓口に書類を提出していざ検査へ。

しかし問題その壱
新しい自賠責の証書は持って来ましたけど、古い奴は家に置いて来ました~!
窓口の女性曰く、「今日は検査だけ受けて頂いて、15日以内に自賠責保険証を持って頂ければ手数料が掛からずに車検証交付が出来ますよ」と言うので、それぢゃ今日は検査だけ受けます!と言って検査のレーンに突入。

ところがそこで更に予期せぬ出来事が。。。

続きを読む "マイカー(軽貨物自動車ですが何か?)を車検に通す"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年1月22日 (金曜日)

嫁の自動車を車検に通す

嫁の車、カローラスパシオ1800ccが7年目で3回目の車検時期を迎え、「あなたやって頂けませんか?」と言われたので自動車検査インターネット予約システム から前々日に品川の検査場に午前中第2ラウンドでの予約を入れておいた。

普通だったら前もって点検とかするわな。
前日は肝心の車検を通す自動車に乗って出掛けて、帰宅は夜遅くなるって・・オイオイ(-.-;)
それじゃどこか途中のカーショップみたいなところで、車検用の前整備みたいなのやって来いよ。と伝えてはおいたが、帰宅して整備記録を見たらATF交換とか車検に全然関係無いところ整備しとるやん。
嫁曰く、「1万円も掛かったのよ~」って、的外れなところ見てもらってどうすんじゃい!?

車検当日は朝から嫁の車で仕事に出て、途中のガソリンスタンドで洗車をし、ボンネット開けてみたら埃被ってるし。。。
点検したよう見えるように、ぞうきんでエアクリーナーのケースやバッテリーを綺麗にしてやったさ。(^^;

検査場の陸運局東京運輸支局に着いて、前もって入手して書き込んであった申請書類を見せて、重量税や自賠責保険、検査手数料等の印紙を買って書類に貼ってもらい、その書類を持って別の建物に行ってユーザー車検の検査受付手続きを済ます。

検査レーンに進むと、検査待ちの5.6台が並んでいる後ろに付いて待機。
いつものようにレーンに入る前に検査官がやって来て、ライトやウインカー、ワイパー、ウインドウォッシャー、発煙筒が積んで有るか等のチェックや、ボンネットを開けて車体番号の確認。
ここはまったくお咎め無し。

前回2年前の車検時にはヘッドライトの光軸で引っかかったので本当だったら前検査をしておきたかったんだけど、もし一発で通れば儲けもんだと思って検査に臨む。
サイドスリップから始まって、速度計、ブレーキと順調に進むが、ヘッドライトの検査でやたら時間が掛かると思ったら、案の定右のライトが不合格。_| ̄|○
続けて排ガスの検査と下回りの検査も済ますが、どちらもクリア。

20100122_113507 ○で囲われて無いのは×の印・・

検査終了の小屋に行って書類を見せると、右側のハイビームが下向き過ぎるので、光軸調整して再検査を受けてと言われた。

前回もお世話になったすぐそばの整備工場に持ち込んで、2700円ちょいの代金で調整してもらい、そのまま検査レーンの順番待ちに再度並び、前検査の担当が来たので「ライトの再検査だけですけど」と言うと、「車体番号だけ確認させて下さい」と再度ボンネットを開けさせられたのだ。
検査レーンの入り口で「再検査のボタンを押してね」と言われていたので、ライトのボタンを押したつもりだったけどランプが点かないからおかしいと思っていたら、やっぱり通常通りの検査が始まっちゃったので係員のところに行って、ライトのみの再検査なんですよぉ~と告げて、その後はクリアしてる検査をせずにライトの光軸検査だけやって無事終了。

検査全て終了の判子をついてもらった用紙一式を持って車検の受付をした建物に行き、新しい車検証とフロントガラスに張るシールをもらって完了。

何故か前回よりも総費用が安く上がり、9万円預かっていたけれど6万7千円ちょいで済んだので、帰宅して嫁に「1万円余ったから戻すよ」と言うと、おつりはあげると言われたので非常に儲かったのだ♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年12月28日 (月曜日)

事故 その後

事故に遭ったその場では、外傷は指を切っていたくらいで大した事ないかと思われたけど、夜になってあちこち痛み始めた。
翌朝になると布団から出るのも辛いほどの怠さを感じ、若い頃にディスコで踊った翌日や、街で喧嘩をした翌日のような全身筋肉痛状態になっていたのだ。
時間が経つと特に痛みを感じる場所が特定されてきて、左足ふくらはぎ、左脇腹、首、右肩の4カ所が酷かった。
翌日は相手の保険会社車両担当から連絡が有り、身体の不調を訴えて診察を受ける旨伝えると、別の怪我担当からも連絡があったので掛かり付けの外科に行くと話しておいたのだ。

痛みを堪えながらも普通に仕事をこなし、午後になって外科に行って診察してもらうと10枚くらいレントゲンを撮られたぢょ。事故の患者はお医者さんにとって美味しいメシの種なんだろうなぁ。(^^;
骨には異常が無かったので、左足と脇腹は打ち身で、右肩と首はどうも筋を痛めているようだ。患部を温めないように注意を受け、湿布薬と筋肉の痛みを取るクスリと胃薬が処方されたのだ。
その翌日も首と肩の痛みが増したので、通院して何とか対処してもらおうと思ったが、辛抱強く湿布を貼って温めないようにと言われただけ。

約一週間が経過した現在、左足と脇腹の痛みは無くなったが、右肩と首は相変わらず結構痛む。
医者には2週間ほど経ってから本格的な治療を始めると言われたので、年が明けて正月休みが終わったら病院通いが始まるのかなぁ。それとも正月休みの間に良くなってくれるのか。。

20091222_140717

20091222_140736

事故の翌日、車の中に置きっぱなしだった物を修理工場まで取りに行ったので、車内の画像を撮って来たよん。

相手の加入していた保険会社の対応は非常に良く、医者に通う際には近くてもタクシーを使うようにとか言ってくれるが、そこまでの怪我じゃ無いのでスクーターで通うさ。
代車のレンタカーも手配して会社まで持ってきてくれたし、事故相手の上司は会社まで菓子折と見舞金を持って謝罪にやって来たし。

事故相手が信号無視の場合、割合は10対0になるそうな。
こちらの自動車保険会社にも連絡をしたが、搭乗者保険は使えるがその他の処理は全て相手の保険会社が担当するんだって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月曜日)

やられた~

午後2時45分頃、横浜市某所にて仕事の自動車を運転中、細い道から大通りを青信号で通過しようとしたところで事は起こった。
激しい衝撃と同時に目の前が真っ白になって、眼鏡も吹っ飛んでフロントガラスは粉々。何が起こったのか一瞬判らなかったが、すぐに追突だと判明。
激突のショックでエンジンは停止したみたいだけど、惰性で走っているトラックのパワーアシストの切れた重たいハンドルを操作して左脇に寄せた。

幸い出血も無く普通に歩く事が出来たので、車から降りて後ろに停まった相手のところに行くと、携帯から110番していたようで電話が終わると降りて来た。
「信号赤でしたよね?」と訊ねると記憶に無いと言うが、相手の大型トラックには車載カメラが搭載されていて、コンパクトフラッシュメモリに運転の模様が全て記録されているとのこと。
すぐ側に目撃者2名も居て、オイラが青信号だったことを証言してくれたので、こちらが青だったのは間違いないようだ。

暫くしてバイクの警官2名が来て、事故の状況や双方の免許証や連絡先を控えて、一応物損事故で処理しておくが、後から身体に変調を来して病院に行った場合はいつでも人身事故に切り替えられとのこと。
現場では気が張っていたせいか、たいして身体の痛みは感じなかったのだが、時間が経つに連れて首と左足のふくらはぎが痛み始めたさ。

20091221_151841

20091221_151821

助手席に人が乗っていなくて良かった。
ダッシュボードと座席の空間が殆ど無くなっていたので、もし人が乗っていたら足は骨折して頭も強打していただろう。
フロントガラスは粉々になっていたが飛び散らず、運転席のガラスは無傷。でも助手席のガラスは粉々になって身体や髪、靴の中、車内の全域に散らばっていた。
ハンドルに付いていたエアバッグが飛び出ていたので、事故の瞬間目の前が真っ白になったのはエアバッグのせいだったのかも知れない。
エアバッグ初体験だったのだ。(^^;

20091221_151113

流石に大型貨物は頑丈だけど、右前輪がこちらと当たったらしく自走不可。
相手の会社が近所だったので、事故担当の方や応援の社員がやってきて道路一杯に飛び散っていたガラスや自動車部品の欠片を警官と一緒に掃除してくれた。

レッカーがやってきて2台の事故車を搬送体制終了させるまでには、事故から2時間近く経っていたぢょ。仕事着のトレーナー姿だったから寒かったっす。
んでレッカーに同乗して地元ディーラーの修理工場まで運んだんだけど、フレーム逝ってるっぽくて多分廃車。。
会社からの救援トラックに荷物を乗せ替えて、やっとのことで仕事場へ。
まだ歌舞伎町の配達が残っていたけれど、得意先に電話で事情を話すと川崎の配送センターに届けてくれればいいって事になったので良かった。

明日、医者に行ってみます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月曜日)

バッテリーがビンビンじゃ無いと困るんです・・

日曜の早朝3時に友達と一緒に地元を発車。
内房金谷まで久しぶりの海釣りをしに、8月から更に値下げのアクアラインを使って出掛けたのは良かったんだけど、自動車にトラブル発生。

今乗ってる車は昨年8月にタダでもらった軽自動車なんだけど、3万キロちょいしか乗って無かったし、頂ける時も車検前の点検整備をしっかり受けて頂いたので暫くは大丈夫かな・・って丸1年経ってるんだよね。(^^;

アクアラインが終わったあたりで変調が見られ始めたのね。
まず、iPodをFMトランスミッターで飛ばしてカーラジオで音楽を楽しんでいたんだけど、iPodが頻繁にリセットされて仕舞いには再起動の繰り返ししかしなくなったと思ったらカーオーディオの電源がいきなり落ちてしまって。。
館山道に入ってからはヘッドライトやメーターの照明がやたら暗いなと思い始め、段々とエンジンの吹け上がりも悪くなってまともな速度で走れなくなったのよ。
あそこの道って高速だけど片側一車線交互通行だから狭くて、後ろから来る車にパッシングの嵐よ。
ハザード出しながら路肩をトロトロと、ここで止まらないでくれと祈りながら走り続け、少しだけ空が明るくなったので試しにヘッドランプを消してみたら、ちゃんとエンジンが吹けるのね。
だけどウインカーを出すと、それに連動してエンジンの回転が上がったり下がったりするの。
電気系統の異常だとは判ったけど、そのまま予約していた金谷の釣り宿に到着して、エンジンを掛けたまま受付を済ませて港に車を移動してエンジンを切ったら、ハイそれまでよ。
2度とエンジンが掛かる事はなかったのよ。

続きを読む "バッテリーがビンビンじゃ無いと困るんです・・"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火曜日)

運転免許証の更新

本日、仕事の合間に鮫洲運転免許試験場にトラックで乗り付け、更新手続きを済ませて来たぜ。
夏頃の事故があったので違反者講習に分類されちゃったよん。
と行ってもここ20年くらいは免停までは行かないが、思い出した頃に駐禁、シートベルト、携帯電話の使用など軽微な違反をちょこちょこしていたのでずっと違反者講習だな。

確か前回までは申請する時に写真が必要で、申請書も代書屋に頼むか自筆で書いて提出したような記憶があるけど、今回は受付で免許証を渡すと受付のお姉様が免許証を機械に入れると5秒くらいで更新手続きの書類が出て来て、そこにちょろちょろっと必要事項を書き込むだけと言う、とても簡単な手続きになっていた。
その紙を持って二人くらいしか並んでいない視力検査を受けたら、前回まで裸眼でオッケーだったのに今回ついに眼鏡使用になってしもたよ。
お次は窓口に今まで使っていた免許証と視力検査済みの判を押してもらった紙を提出し、「更新案内の葉書を出して下さい」と言われたが、「持って来ませんでした」と言うと、確かに届いたのか確認されただけで問題なし。
1分程で名前を呼ばれてパンチされた旧免許証と用紙を受け取り、次の印紙売り場にて手数料4200円分の印紙を購入し、用紙に貼って貰う。
そしてすぐ横にあった暗証番号設定マシーンで4桁任意の数字を設定するが、2箇所設定するようになっていたのでちょいと悩んでいたら、同じ番号を2度入力しろって事だと案内の旦那が教えてくれた。
何でもかんでも暗証番号必要になってきて面倒臭いね~。(-.-;)

で、写真撮影の部屋に行って用紙を渡し、椅子に座って写真を撮ってもらって申請用紙の半券だけをもらって2階に上がり、講習に必要なテキスト3冊入りの袋をもらい、10時開始の講習まで時間が有るので建物外の喫煙場所へ。
それでもまだ時間があるので自販機で買ったコーヒーを飲みながら携帯電話を弄って遊んでた。

講習が始まって、道路交通法や免許制度で3年前と変わった点や、今回から偽造防止でIC免許証になる等の話を聞いて50分程で10分休憩。
残り1時間は半分話で半分は大映製作、里見浩太朗主演の飲酒運転をして一家崩壊になった38歳の旦那をモデルにしたDVDを観て終了。
以前のようにフィルム映画じゃ無くなったので部屋を暗くしなくても良いので寝ることは出来ないよ。でも、終わりに近づく頃に講師の旦那が新免許受け取りの半券に判を押して回ってくれたので、終わったらすぐに受け取り部屋に行けたのはいい。
受け取ったら廊下に設置してあるIC免許証読み取り機に通して暗証番号が正しいか確認して欲しいと言われていたが、混雑していたのでそのまま帰って来たよ。まぁまず間違い無いだろうね。(^^;

20081209

今回から普通じゃなくて中型になった。
でも限定付きの中型だから今までと殆ど条件は変わらずさ。
眼鏡使用も条件になったからか、写真撮影の時に眼鏡を掛けても掛けなくても良いと言われたので外すの面倒だから眼鏡掛けたままの写真になったよ~ん。

あ、来週の金曜で免許取ってから丁度30年だ~!!

歳バレバレ・・\(;゚∇゚)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水曜日)

休日の高速、千円で走り放題…ETC限定で政府・与党案

10月29日14時42分配信のニュースによると、

 政府・与党が策定を進めている追加景気対策に盛り込む「生活対策」の柱として、休日に全国の高速道路を1回1000円の定額で走り放題とする新たな料金割引案を検討していることが29日明らかになった。

 ノンストップ自動料金収受システム(ETC)機器を装着している普通車が対象で、早ければ年内の実施を目指す。

 料金割引案は、土・日曜、祝日に高速道路に1回入れば、走行距離にかかわらず1000円(1000円を下回る距離は実額)の定額とする。首都高速や阪神高速などは除く見通しだ。家族のレジャーなどで高速道路を利用しやすくする観光振興の効果が期待され、家計への「お得感」を強調することで消費拡大の効果も狙う。

 政府・与党は必要な費用として約5000億円を充てることで最終調整しており、「生活対策」の目玉と位置づけたい考えだ。

と言うことらしい。

もし実現したら凄いぞぇ。

あちこち走り回りたいけど、早くサービスエリアのガソリンスタンドも街中並みの水準までガソリン価格を下げてくれ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月曜日)

さらばアベニール

6年前の7月に登録10年目、走行距離10万㎞のワンオーナーで結構程度の良いアベニールを車検1年ちょい付き本体価格15万円で購入し、今日まで乗り続けたが、晴れて新しい自動車を入手するに当たって本日手放した。
トリップメーターは15万㎞と半分くらいだったので、慣らしてみると年間1万㎞も乗っていなかったね。
この車で離れて暮らしていた子供達や、釣り友達と色々なところに行ったなぁ。
想い出が多すぎて語り尽くせないぜ。

20040803_210112

20040803_210128_2

写真は2枚とも北浦の土手で撮ったやつ。

今度手に入れる新しい車は足代わりの軽自動車だよ~ん。

しかも車両代金はタダだよ~ん♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火曜日)

パスポート更新

本当はもう一ヶ月も前に更新の申請をしていたんだけど、受け取りに行く予定だった日には酔っぱらって電柱で額を切って絆創膏を貼った情けない顔になっちまったから暫く放置していたんだ。

今日は何となく行かなくちゃって思って、最初は電車で行こうと思ったんだけど、仕事を終えて帰宅してからネットで天気予報、電車の運行状況、道路交通情報、現地の駐車場情報なんかを調べたら、車で行った方がいいって結論だったので5時半に自宅を出発。

走り出すとすぐに雨が落ちてきて、やっぱり天気予報通りだったなってね。
有楽町の交通会館に着いたのは6寺ちょい過ぎ。
交通会館近駐車場に車を入れてエレベーターで2階に上がり、16000円分の印紙をずっと前に送られてきていた申請用紙に貼ってもらって窓口に提出。
5分も待たないで古いパスポートと新しいパスポートを受け取って、エレベーターで地下2階駐車場に戻って車に乗り込んだ時までは駐車券を確かに持っていた。 んだよね。

料金の支払いは珍しくアナログってる窓口料金所。
駐車券を出さなくちゃいけないのに、さっきまでポロシャツの胸ポケットに入れてあった駐車券が無い。
バッグの中にもダッシュボードにも助手席やコンソールボックスにも無い。

窓口の旦那に駐車券が見当たらないことを告げると、一枚の紙を手渡され、鉛筆で丸をしてある箇所に記入してくれとのこと。
後続車が来るといけないので、少しバックして邪魔にならないところにハザードランプを点けて停車。
薄暗い車内で色々と書き込むが、車体番号は必要だと判るが、なんで免許証番号まで書かなくちゃいけないんだ?
個人情報てんこ盛りの紙を窓口に出したら、「ナンバーで入庫時刻を確認しましたから料金は300円です」だって。
モニターで録画してあるんだったらそこまで手間の掛かる情報を書き込ませるなよ?って感じだぜ。(-_-メ)

帰りも渋滞に引っかからず、スムーズに自宅まで戻ったぜ。

Dvc001891 小雨降る銀座

久しぶりに銀座通りを走ったぢょ。

今回のパスポートからICチップの入った奴になって、外見は変わらないけど丁度真ん中辺りの頁がカチカチになっていて、多分そこにICチップが埋め込まれているんだろうね。
パスポート受け取り窓口に液晶モニタが設置されていて、そこにICチップ内の情報が顔写真入りで表示され、「この情報に間違いないですか?」と受け取るときに確認させられましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木曜日)

人身事故

本日午前10時56分頃、一方通行の道路を走行中にこちら側が優先の十字路で右側から一時停止せずに飛び出して来た自転車とこちらの右前部が衝突。
自転車の20代男性は転倒して肘に擦り傷が有り、脇腹も痛いと訴えたのですぐに119番通報し、続けて110番にも通報。
救急車で運ばれた男性の診断は、二カ所の打撲で全治一週間。

たいした事が無くてほっとしたが、自転車の男性は耳にシリコンオーディオのイヤホンを入れており、交差する道路の車の確認などせずにノーブレーキで進入してきたわけだからぶつけてしまったこちらは全くもって良い迷惑。

現場で1時間近く検証に付き合い、その足で救急搬送された病院に出向いて怪我の様子を確認するも、レントゲンの診断が出ていないのでその場を離れ、自動車部品屋に行って割れてしまった右のミラーを購入。
一度会社に戻り簡単に事故の状況を説明して、相手と一緒に警察署で事情聴取が有るのでまた病院に戻ってみると、まだ診察が完了していないとの事で付近路上で待機。
20分程で診察終了の連絡を受けて、即座に迎えに行き助手席に乗せて警察署へ行く。
受付で交通課に呼ばれた事情を話すと、椅子に座って待って下さいとの事で待つこと10分程。受付嬢がこちらに来て「係の者が別の事故で現場に出てしまい、戻るのがいつになるのか判らない」と言うので、それでは後ほど相手方、事故係と連絡を取り合って出直すことにして、事故相手を自転車が置かれたままの現場まで送り、再び会社に戻る。
この時点で時間は1時30分頃。

昼食を食べて良いか?と同僚の弟に訊くと「急ぎの配送が有るから食事は後にしてくれ」と・・
1時間弱の配送から戻って遅い昼の休憩。
その後少し仕事をして会社で加入している車の保険会社に事故の報告。

仕事が終えて自宅に帰り、事故の相手と警察署の事故担当に連絡を取って事情聴取をすべく警察署へ出向いた。
交通課の有る階にエレベーターで上がり、部屋に入ろうとすると事故相手が先に到着していたようで、別々に話を聞くから部屋の外で待つように言われたので10分程廊下で待機。
相手方の聴取が終わったので入れ替わりでオイラが事情聴取を受ける番となり、まずは事故直後に作成した現場の見取り図を見せられて間違いが無いかと聞かれたので、それで良いと答える。
で、事故当時の簡単な状況を口頭で話し、それを事故係が調書に書く。
今回の事故が起こった原因は何だと思うか?と訊かれたので、よほど「相手が飛び出して来なければ事故は起きなかった」と言いたかったが、事故係は俺の責任を問いたいようなので、仕方なくあちらが言う通りの「交差点付近での徐行が無かったから」という事にしておいた。
横断歩道も無いような交差点でいちいち徐行してられるかよ?ってのが本音ね。

もし、俺が一瞬よそ見をしていて自転車に気付くのが遅くなってブレーキを踏むのが遅れたり、あと少し速度を出していたりしたら、かなり悲惨な事故になってしまっただろう。
30キロ程度の速度で走っていて、自転車に気付いてブレーキを踏んで10メートルほどで完全に停まり、軽く当たった程度だったから良かった。

もしかすると検察庁から呼び出しが掛かるそうで、もしかするとお咎めは無いかも知れないとのこと。起訴となった場合12万円の罰金刑だよ。
しかし行政処分はしっかりあって、交通違反の基礎知識によると障害事故の場合(今回は全治1週間なので15日未満適用)責任の程度がもっぱら(意味が良くわからん・・)の場合は3点で、それ以外は2点。
それにプラスして安全運転義務違反が2点は付くので4点か5点を頂くことになる。(-.-;)

事故は一瞬、怪我は一生。
歩くときも自転車、バイクに乗るときも車を運転するときも気を付けようね~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)