2011年1月13日 (木曜日)

2011正月Seoul その2

1月3日

昨夜は3時頃まで起きていたけれど、8時には起床。
各自朝シャワーを浴びたり化粧したりと、女が多いと出かけるにも時間の余裕が必要だ。

10時になって宿を出て、前の大通りでバスに乗ろうかと信号待ちをしていたらタクシーが止まる。

「5人でもOK??」とジェスチャーで確認するとOKらしいので乗り込む。

20110103_000

前のシングル座席に4女とせがれ。
参鶏湯を食べに土俗村 (토속촌/トソクチョン)へと向かうのだが、取りあえず「景福宮(キョンボックン)カジュセヨ」と伝えて、有る程度走ったところで「サムゲタン、トソクチョン」と言うとすぐに理解してくれてたようで、流石に韓国で最も有名な参鶏湯の店。

20110103_001

20110103_002

開店して20分ほどしか経っていなかったけど、招き入れられた部屋には客が結構居た。
殆どが日本人のようだったけど。。

20110103_003

オーダーしてサムゲタンが出てくるまではテーブルに置かれた壺の中のキムチとカクテキをつまみにビールなぞ。
ここのカクテキ美味しいね。

20110103_004

俺が頼んだのは烏骨参鶏湯(オゴルサムゲタン)で、オーダーの際は「黒ひとつ、白4つ?」と聞かれた。
「お父さんだけズルイ」と言われたが、どうせ黒い鶏なんか「キモイィィ」とか言って食べたがらないだろうが。

スープをひとくち口に入れると、何とも言えぬ濃厚な旨味。
今まで食べたサムゲタンの中では間違いなく一番うまい。
烏骨鶏の肉はと言うと、スプーンで身がほぐせる程柔らかな普通のサムゲタンとは全く別物で、骨にしっかりとした身が付いていて歯応えが有る。
腹に詰められた餅米は、今まで食べたサムゲタンの中で一番多かったかな。
人参もでかいのが入っていた。

20110103_005

ひとりずつ人参酒が付いたが、俺以外は飲まなかったみたい。
かなり濃厚なお味でした。

8万wを支払って外に出る。

20110103_006

次もタクシー5人乗りだが、今度は後ろ4人という変則プレイ。
明洞に着いて子供組、大人組に別れた。
娘二人はロッテ免税店がお目当てのようで、せがれはそちらのお供。

20110103_007

俺と嫁は取りあえず両替。
前日定休日だったシャツ屋に行き、Yシャツ4枚をオーダー。
2週間ほどで作ってEMSか何かで送ってくれるらしい。
それぞれ一番良い生地で選んで総額22万wちょい。こっちで作るより全然安いけど、できあがりはどんなもんでしょ??

20110103_008

次に目指すは景福宮。
歩いてもそんなにたいした距離じゃ無いけれど、路線バスを利用。

20110103_009

バス停ひとつ手前で降りちゃったみたいだけど、なんだかすごいビルがあった。

20110103_010

6回目の韓国旅行で初めて訪れた景福宮。

20110103_011

人慣れしたカササギが居ますね。

20110103_012

20110103_013

20110103_014

20110103_015

裏の門から出て大統領の官邸、青瓦台(チョンワデ)を遠くから見る。
付近には警官が多数居て、あちこちカメラを向けると「No Piture!!」と叱られる。
煙草をくわえても駄目駄目言われるし、かなり遠くから沢山の警官がおれを見張っていたようだった。(゚ー゚;

20110103_016

この右の建物も正面から撮らせてくれなかった。
地図で調べたけど何も情報が書き込まれていない・・

20110103_017

そのまま歩いてオサレな街、三清洞 (サムチョンドン)でお茶でも飲もうかと思ったけど、オサレすぎて庶民の俺には敷居が高いのでパス。

20110103_018

そのまま歩いて仁寺洞 (インサドン) 。
ここも通過して・・

20110103_019

鍾路(チョンノ)まで歩いて来て、店先のメニューにポッサムの写真があったので入店。
ポッサム定食(7000w)を頂く。
普通に美味しかったけど、ガツンとポッサム盛り合わせでも良かったかも知れない。

20110103_020

この2階が入ったお店。
正面に進むと前夜入った刺身屋が有る。

20110103_021

清渓川(チョンゲチョン)沿いにちょいと歩いたカフェで一服。

ここで子供達ら電話が入り、今明洞のカフェに入ったと。
同じことしてるもんだと関心して、それじゃこれからそっちに行くよと、明洞ミリオレ前で待ち合わせの約束をする。

20110103152256_01

明洞に着いて無事子供達と再会。
したのはいいけど、女共はエステだかマッサージに掛かりたいと言うので、俺とせがれはタクシー捕まえて宿へ。

続きを読む "2011正月Seoul その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土曜日)

2011正月Seoul その1

2011年1月2日

今回は嫁、下の娘二人、せがれと一緒に5人で2泊3日の韓国旅行。
昨年9月には三女を除く4人で行こうと企画していたところ、12月に入ってから三女も行きたいと言い出したので急遽ネットで航空券を手配したのだ。

今回も既存のツアー参加では無く、航空券と宿を別々に手配した。
宿は3ベッドルームのレジデンスを予約していたので、一人分の布団をメールにて追加予約しておいた。

三女の飛行機が10時発、他の4人が12時発だったので、女3人は8時過ぎに車で出発。俺のトランクも積んで行ってもらった。

せがれと俺は10時に家を出て徒歩で駅まで。
空港直通のバスも有るようだが、毎時2本しか出ていないのでバス停に停まっていた空港行きの路線バスに乗車。

20110102_102521

正月なので道はガラガラ。客もまばら。
途中の停留所では時間調整で長めに停車したりしてたね。

20110102_110320

新しい国際線になって初めて行ったけど、広いから人も少なく見えて(実際に少なかったのか?)搭乗手続きもスイスイ。
出発までの時間はほぼ喫煙室で みたいな感じ?

_20110102_001

天気が良かったので窓から富士山もばっちり。

20110102

今まで羽田を飛び立つと右旋回する航路をとっていたけれど、今回初めて左旋回して西に向かったのは横田空域の規制緩和があったから?

_20110102_003

機内食は毎度お馴染みって感じの肉料理。
コチジャンを大量に入れて丁度良い辛さかね。

20110102153803

金浦空港では荷物も早めに受け取れて、先に着いていた三女とも無事に合流してタクシー乗り場でジャンボタクシーってのに乗り込み、宿泊地まで。
3万6千wの支払いは前回残しておいたウォンで支払い、日本語が話せる運転手さんだったので帰国の日も午後1時に迎えに来てもらうことを約束。

宿でチェックインの手続きをしている間、フロントに「送迎」のパンフレットがあったのでいくらなのか訊いてみたら9万wだって。高!

_20110102_004

1泊2万円(正月価格)のレジデンス、60坪の広さだから5人で泊まってもおつりが来るほど。
荷物を置いていざ街へ。

続きを読む "2011正月Seoul その1"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水曜日)

センマッコリ

先週の金曜日に、新大久保にある韓国広場に行って買い物をしてきた。
色々と食材関連を買ってきたのだが、センマッコリという普通売られているマッコリとは違って、賞味期限のが極端に短い生のマッコリを1本買って帰った。

冷蔵庫に入れてあったそれを、今夜自宅でサムギョッサルをやったので冷蔵庫から出して呑んでみたのだが、非常にうまい!!

20100224_213948

要冷蔵とかじゃなくて、絶対冷蔵ですから!

20100224_205525

いつも買う肉屋とは違う店で、1kg1000円の豚バラを買ってきてやらかしたけれど、同じく韓国広場で買ってきたエゴマの葉とセンマッコリがあったからかも知れないけれど、今夜の晩飯は激しくうまかった。

20100224_213650

エゴマの葉
大根薄切りの酢漬け
豚バラの塩胡椒焼き
さらし長葱 ゴマ油、ドライガーリック、塩胡椒
にんにく醤油漬けスライス
白菜キムチ
サムジャン
もやしナムル

青唐辛子が無かったのがちょっと寂しかった・・

ネットでも買えます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水曜日)

2010年 seoul最終日

ふと夜中に目覚めると空腹感を覚えたので、宿8階の部屋からエレベーターで下に降り、大通りの反対側にあるマックへ買い物に出た。

20100105_041204

若い店員は新入りのようで、言葉の通じない日本人客の対応に困って奥から日本語の話せる店員を呼んできた。
4時を少し過ぎていたので朝食メニューからしか選べないと説明し、写真入りメニューを見せてくれたのでソーセージエッグマフィンみたいな奴のセットをテイクアウトでオーダー下。

20100105_041759

部屋に帰ってマックを食べてまた眠る。

最終日だけど10時開店(と某韓国口コミサイトには書かれていた)ロッテマートで買い物がしたいのでどこに行くのも時間が中途半端だし、外はまだ雪が沢山残っていて足場が悪いだろうから9時過ぎまで部屋でじっとしていた。、

20100105_093235

地下鉄に乗ってエヒョンまで行き、南大門市場で靴を探す。
日本から履いていった靴の底が滑りやすく、前日までに雪で3回も滑って転倒してしまったのだよ。
友達夫婦は昨夜会った時点で雪に強い靴を買って履いていたのを自慢げに話した。俺ももっと早く買っておけば快適な外出が出来たのにと悔やむ。
南大門市場の靴店で「滑らない運動靴」を指定して買い、その場で履き替えてソウル駅まで歩いた。確かに雪で凍結していた路面でも滑らないので遅まきながらも買い換えて正解。

20100105_095056

ソウル駅に着いたけど、まだ9時台後半だったので外で煙草吸って時間を潰して50分くらいに入り口に行ってみたら、もうとっくに営業開始していたようで買い物客の姿が店内に。
調べ方が甘かったと反省。

殆ど自家消費用に食料品関係ばかりを買い物篭に詰め込む。
カートで買い物をすると、帰りに地下鉄で持ちきれなくなるから。
キムチ、塩辛売り場ではいつも買う牡蠣のキムチが欲しかったんだけど、この日は無くて残念。チャンジャとイカキムチ(塩辛?)2つを買う。
あとはフレッシュ高麗人参。土を落とせば持ち込み可能らしいので、ここ3回くらいは買って帰っているのだ。日本だと冷凍物の細いものが@150円とかで売られてるけど、地元で買った方が圧倒的に安いから。ジップで冷凍保存しておけばいつでも使えるからね。
100グラム当たり6480ウォン。598グラムを38750ウォンで買ったけど、検量して値札を貼ってから何本かおまけして入れてくれたよ。数えたら23本あったので、多分20本入れて3本おまけだと思う。
あとはお菓子類、海苔類、五味子茶、ダシダに干し鱈やチャミスルといったところかな。

3日に買い物に来た時に、エコバックを買ってあったのと、4日に買い物をした時はバッグに入りきらなかったのでレジ袋を1枚だけ買ったのを持って来たので、その2つの袋に買い物した品を入れてサービスカウンターに行き、グローバルリファウンドの手続きを3回の買い物分まとめて書類を作る。
3枚のレシート、トータルで30万ウォンちょいだったけど、少しでも戻ってきた方が嬉しいからね。
申請書類もレシートごとに作ったから3枚になっちゃったけど、まだ買い物客が多くない時間だったから、名前、住所、パスポートナンバーをそれぞれにと、1枚の裏に税金の戻りが入金されるクレジットカード番号を急がずに書き込むことが出来た。
去年は同じロッテマートのサービスカウンターから買い物した物を箱詰めしてEMSで自宅まで送ったんだけど、その時はグローバルリファウンドを申請しようとしたら出来ないみたいに言われたんだよね。でも、あとで調べたら別送品でも申請出来るらしい。
今回は実家から大きなトランクを借りて持って行ったのでEMSを使わずに済んだけど、もっともっと買い物がしたい時は軽くてかさばる物はEMSで別送した方が良いかも。
行く度に賢くなっていくぜ。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木曜日)

2010年 seoul3日目

1月4日

夜中に目が覚めたのでカーテンを開けて窓の外を見ると雪が降っていて、裏の駐車場の雪かきをしているのが見えた。
そのまままた眠って、外が明るくなった8時頃にもう一度外を見るとやっぱり雪。

20100104_084414

前夜の酒がまだ残っていたし、この雪の中を歩いて出掛ける気にもならないので、部屋でテレビ観たりして過ごしていると10時ちょい過ぎに友達から電話で、今こちらに向かっているとのこと。
出掛ける準備をして待っていると友達が到着し、やっと外の空気を吸いに外出。
ソウル市立美術館でアンディウォホールの特別展示をやっているので、それを観に行こうって事になって地下鉄の駅へ行く。

20100104_112735

外に出てみるとかなり雪は積もっていて、月曜日なのに人も車も普段より少ない感じ。
地下鉄に一駅だけ乗って、市庁駅で下車。
駅の出口付近の露店で折り畳み式の傘を6000ウォンで購入した。

まずは腹ごしらえってことで、美術館に近いところに有るスンドゥブチゲの店を探して入店。

 

丁度お昼に重なってしまい、ビジネス街でも有るので昼食の勤め人達でほぼ満席状態だったけど、空いてる席に座るとすぐに注文を取りに来てくれ、「豚、牛、牡蠣?」と聞かれたので、俺と友達は牡蠣、友達の嫁さんは牛を注文。
卵は付いて無いとの前情報だったので「ケラン」と言うと判ってくれて、生卵も頼む。

20100104_120033

注文してから料理が出るのは早かった。
たっぷりの石釜に入った御飯とボコボコ沸騰している鍋と、大きめのボールに入ったビビンバの材料。

20100104_120127

スンドゥブは結構辛いけどかなり美味しくて、卵を割り入れてまろやかさを加えたが、この卵の殻が相当固かった。いい卵なんだろうねぇ。

20100104_120604

スンドゥブとビビンバの器に御飯を入れて、ビビンバの器にもスンドゥブを入れて混ぜて食べた。1度の食事で色々な食べ方が出来るのは嬉しい。
牡蠣も結構入っていて、どの食べ方でも最高にうまい。

が、昨夜の酒がまだ残っていたのでこの日最初の食事なのに食べきれず、少し残してしまったのはもったいなかった。次回は万全の体調で違う種類のスンドゥブを食べてみたい。

20100104_121534

チョンウォンスンドゥブ 是非また食べたい店である。

店を出て美術館に向かうが、距離的にはすぐなんだけど雪が積もっているので足場が悪く、しかも坂道が多いので難儀しながらも辿り着いてみると月曜日定休でお休みでした~!

20100104_122647

パソコン持ってったんだから、事前にちゃんと確認しろよと自分に言いたいが、雪と2日酔いで頭が麻痺していたんだね。反省。

20100104_122811

折角なので美術館の前で記念撮影。

20100104_130013

尿意を催したメンバーが居たのでコーヒーショップに入るが、トイレが無かったという悲しいお店。その名も「コーヒー・カモン」

友達がガイドブックを持っていたので、近所に有る別の美術館に行ってみることになって南大門方面に移動。
着いてみたらそこも休館日ですた。_| ̄|○

20100104_131252 トラックからはツララが・・

めげずに「それじゃ南大門市場に行こう」ってことで徒歩で進む。

20100104_132648

いつも賑わっている通りも人が少なくて露店も全く出ていない寂しい状況。
去年買った眼鏡屋にちょいと用事があったので入店する。

20100104_134118

ついでに友達の嫁さんも眼鏡を作った。
待ってる間に出来るらしいので、その時間を利用して近所の両替所で2万円を両替。
眼鏡屋に戻ってみると、もう眼鏡が出来ていたみたいで、次はどうしようかって事になったら、友達は眠いからホテルに帰る。嫁さんは買い物がしたい。そんじゃ一度解散して夜の為に体力温存するかってことになって、俺は徒歩でソウル駅のロッテマートに向かう。

20100104_140042

南大門修復現場前では多数の警官が導入されて雪かきをしていた。

ロッテマートでお土産の食料品を7万ウォンちょい買い込んで、ソウル駅から地下鉄で2駅の宿泊先まで戻る途中、地下鉄が駅と駅の間で停止。雪の影響で交通機関は相当乱れているらしい。

そんな時に携帯電話が鳴ったので受けてみると、この日の飛行機でソウルツアー開始する筈だった日本の友達が、飛行機が飛ばなくてツアーがキャンセルになっちゃった↓って。
でもめげずに翌日の飛行機を手配したけどソウルでの宿が取れないってんで、そんじゃ俺が宿に帰ったら空き部屋があるか確認してやるよって事になりますた。

続きを読む "2010年 seoul3日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水曜日)

2010年 seoul2日目

1月3日、携帯電話でいつも設定している7時のアラームで目覚めて起床。
朝風呂を浴びてパソコンで遊んでから外出。
宿から徒歩4.5分の里門というソルロンタン屋に行き、席に座ると店のアジュマが「ソルロンタン?」と訊いてきたので「ねー」と答える。

20100103_085854

シンソンソルロンタンでしか食べた事が無かったけど、ここのソルロンタンは最初から御飯と素麺みたいな細い麺が少し入っていた。
味付けせずにスープを飲んでみると素っ気無いので、テーブルに置かれた刻み葱と塩胡椒で味を調整して頂く。普通に美味しいよ。
取り放題のキムチをハサミで切って2回おかわりしてソルロンタンにも入れる。カクテキは一口サイズだったので切らなくてもOK。
店内はグループ連れの日本人ばかりでしたな。

店を出て仁寺洞方面への小路を歩いて行くと、路地裏には結構色々な料理店が並んでいるのでそういう店で食事をしてみるのも面白そう。

20100103_091357 路地裏スライドショー

20100103_091609

仁寺洞のメイン通りは日曜朝ということもあってか、殆ど人通りも無く閑散としてたぢょ。
こっちに来たのは両替目的もあったので、安国駅方面に向かって開いてる店もまばらな通りをてくてく歩く。

Insadon

ちょいと横の道もあちこち入ったけど、こちらの細い道にも飲食店が沢山あった。
この辺の食べ物屋の数は物凄い数だから、狭い範囲の中でも全ての店に入るのに何年も掛かりそう。
目的の両替屋が開店していたので、2万円を248、000ウォンに替えた。
大体1万ウォンが約800円って計算になるかな。

20100103_093940

通って来た道をまた戻って鍾路方面に帰るが、韓国を代表するような近代的な建物のすぐ裏に昔ながらの庶民的な店が並んでいるギャップも面白い。

20100103_094250 朝食べたソルロンタン屋はここ。

鍾閣駅から地下鉄に乗り、途中乗り換えて3駅で忠武路へ行く。
目的は南山コル韓屋村の見学であった。

20100103_100536

忠武路駅4番出口を出てUターンして、すぐの角を右に曲がると入り口が見えた。

20100103_100811

入場は無料なのでそのまま入り、正門をくぐると正面にソウルタワーが見えるのね。
入り口から左側の方に韓屋村が有ってそちらには人が沢山居たけれど、奥の方には人が見えなかったので進んで行ってみた。

20100103_101614 トイレのところから

20100103_101915 タイムカプセルだそう

20100103_103138 韓屋集合地帯に突入

20100103_104213

20100103_104955

20100103_105437

20100103_111202

1時間ちょいで見学を終えると、雪の中を歩いていたせいか身体が冷え切りましたな。ちょっと早いけど昼食を食べに地下鉄駅入り口まで戻って、大通りの反対側に有る日本語が通じるというテジカルビ(味付け豚カルビ)の店を探して入店。

席に着くとメニューを持って来てくれるけど、ハングルだけだし日本語全く通じないし・・
焼き肉も1人前から頼めると書いてあったのに、2人前からみたいに言われるし~。
店間違っちゃったかな?と思ったけど、まぁ滅茶苦茶値段が高いわけでも無いからいいかみたいな感じでテジカルビ2人前とソジュを注文。

20100103_113029

料理一式運ばれて来るとアジュマが肉をコンロに乗せてくれるんだけど、3回くらいソジュって言って、ちゃんと「ねー」って返事したのになかなか持って来てくれないので自分で冷蔵庫に取りに行ったよ。
他に客は居なかったので貸し切り状態。
アジュマがちょこちょこと様子を見に来てくれて、肉が焼けてくるとハサミで食べやすいサイズに切ってくれるから、焼けたところから葉っぱに包んで色々乗せて食べる。

20100103_113429 テンジャンチゲが美味しかった

テジカルビは初めて食べたけど、やや甘めのタレがしっかり染み込んでいて美味しい。
1人前300グラムとのことだけど、2人前の肉を完食しますた。

20100103_114213

たっぷり時間を掛けて食事と焼酎1本を呑んで2万1千ウォンを支払い、レジにあった名刺を見ると間違いなくチュンムロカルビだった。
日本語の出来る店主夫婦は不在だったのか??
それにしても日本語メニューも無かったから、もしかして経営者変わったの?

続きを読む "2010年 seoul2日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火曜日)

5回目のソウル旅行

1月2日、自宅を出たのが午後5時ちょい。
昼しか食べていなかったので途中でドライブスルーで腹の足しになるものを買い、駐車場待ちを覚悟で羽田の第5駐車場に行くと先行者2台が空きを待っている。
係員の旦那が「暫く空かないから第4に行った方がいいよ」と言うので素直に従い、第4に入ってみるとフロアごとに満車のオンパレード。
5/6階に車を停めて車内にてハンバーガーとコーヒーで腹ごしらえをして、ノートパソコンと1日分の着替えの入ったトランクを転がして国際線に向かう。

20100102_175322

すぐに搭乗手続きをするが、どうもオイラの乗る便の客としては最後の方らしくて、飛行機の席はかなり後ろの方だった。
それほど混んでる感じでもなく、すんなりと手続きは進み出発ロビーにて無駄な時間を過ごす。
免税店にてカートン@1700円のハイライトを3つ買う。

20100102_202318

アシアナ航空は初めて利用で、乗る時に日本語の新聞は用意されていなかった。
最後の方に乗り込んだから売り切れてたのかな?ハングルの新聞は読めないし・・

機内食は牛肉と野菜の炒め物。今回コチュジャンをもらい忘れたが、隣の韓国人はチューブ入りコチュジャンをもらって御飯に回し掛けしていたぢょ。
おかずは美味しかったけど白菜キムチはやや酸味が強かった。

20100102_224336

定刻は羽田発19時55分。金浦空港に着いて諸々手続きを終えて解放されたのは22時30分になってますた。
今回は初めてツアーじゃ無い旅なので、宿泊先までは自力で移動せねばならぬのね。
地下鉄5号線の改札まで結構距離はあったけど、動く歩道だったのでそれほど苦では無かったのだ。

20100102_235210

前回チャージしておいたT-Moneyがまだ残っていたので、改札はカードを入れたお財布タッチですんなりと地下鉄に乗り、22駅目の鍾路3街で1号線に乗り換えて1駅目の鍾閣下車。
3番出口を出て直進すると1分ちょいで到着。正面が閉まっていたのでちょい先の脇から入ると守衛さんが出て来たので、YMCAをリザーブしていると言うとすんなり通してくれてエレベーターで8階のフロントに行き、プリントしておいた予約表を見せてチェックイン。
フロントのアジョシは日本語が通じるので楽だった。

20100102_235731

一人だからこのくらいの空間があればOK。
ベッドは小さめだけど足が飛び出るほどでも無いので問題なし。

20100103_001002

早速持参したコンセントの変換器を付けてパソコンを繋ぎ、無事到着を日本へ報告。
小腹が空いていたので食料調達の為に外出する。

20100103_010104

ホテルの裏口がピマッコルと呼ばれる路地になっていて、昔から続く庶民の食堂や飲み屋が軒を連ねている通りなのだが、時間が遅かったので看板の店ばかり。そのまま歩いて仁寺洞の入り口に有るセブンイレブンで買い物。
途中行き交う人々、若者ばかりだったけどみんな酒臭かったなぁ。
2日はこちらで雪が降ったらしく、あちこち雪が凍結していて冷凍庫の中に居るような寒さだった。

20100103_010811

コンビニで買って来たのは、ジンロ2本、コーン茶1本、辛ラーメンカップ(大)、キンパ2本。
しめて7800wだから約600円。
コーン茶のペットボトルなんて日本では売って無いけど、香ばしくてなかなかの美味。
キンパ(海苔巻き)も切れ目が入っていて、真ん中半分ずつで味が違っている凝りよう。

20100103_012131

片方はツナサラダっぽい感じだったけど、食べ進むと具がオレンジ色に変わってやや辛みがある。
面白いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土曜日)

正月休みの準備

景気が悪くて給料も下がる一方で、当然小遣いも減ってる昨今なんだけど、そろそろ来年の正月休みの予定でも立てようかと思案してたのね。
高速が1000円だから車に寝泊まりしながら九州まで行って帰って来ようか なんて一瞬考えもしたけれど、辿り着くまでに渋滞のイライラで発狂しそうだから即刻却下。

韓国にも行きたいとは思ってたんだけど、嫁は行きたがらないし、友達も一緒に行ってくれそうな奴は居ない。
一人でツアー参加だと割高なんだよね。。
何回かあっちで一緒に飲み食いしてる友達に、昨日「行くの?」ってメールしたら「行こうよ」って乗り気になってるんで、あっちで酒呑みたいな~って昨夜ネットでちょろっと調べてツアーの予約してみたのね。
羽田夜発で帰りが朝の便、3泊4日のホテル指定無しで7万ちょいだったかな?

で、今日の昼休みに再度あちこち検索してみたら、往復の航空券が、行き夜便の帰り午後便で34000円ってのを見つけたんで、だったら宿もシングル主体の宿探せばいいじゃんってことで探してみました。

Image2

3泊4日、飛行機代と宿代で47660円♪

友達からはソウル入りが3日からになっちゃったってさっきメールがあったけど、ケンチャナヨ~。

先に何か楽しみが待ってないと、この世知辛いご時世やってられませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金曜日)

チャパゲティ

20090106_185244

良く韓国ドラマので中で食べてる場面が出てくるジャージャー麺?のインスタント版。
辛ラーメンを作っている農心という会社の製品だけど、ソウル駅前のロッテマートにて@680w(約47円)を10袋買って、一緒に買った他の食材と一緒に段ボール箱に詰めてEMSで自宅に送ったのだ。

因みに送料は34,800w(約2400円ちょい)で、段ボールの重さは10㎏までの制限ぎりぎりの9㎏半くらいだった。
1月4日の午前中に送ったんだけど、年末から行ってた人は4日まで税関が休みだったので旅行から帰って来ても荷物が届かなかったそうな。

Ems
オイラの場合は送った翌々日の夕方には届いて、丁度自宅で荷物の配送状況をサイトで調べていたまさにその時、玄関のチャイムが鳴ったというナイスなタイミングだったよ。
グラス類も何点か入れてあったんだけど、一度開封して中をチェックする際に梱包材でくるんでくれてありましたね。親切です。

で、肝心のチャパゲティですが、検索してみるとあちこちに作り方が書いてあるのでパッケージのハングル読めなくても簡単に作れました。
フライパンでお湯を沸かして麺と具を入れて、5分経ったらお湯を少しだけ残して付属のオリーブオイルと真っ黒なスープを入れて、適度に水気が無くなる程度に炒めればオッケー。

Dvc001603 真っ黒だす

Dvc001593 盛りつけて完成

お味ですが・・

過度な期待を持ちすぎていたのがいけなかったのか、大して美味しいとは思えませんでしたな。
麺自体は太めのしっかり麺で適度な歯応えがよろしいのですが、スープにもうひとつ決定的な美味しさが足りない。
何度でも食べたいって程では有りません。

おぢちゃんの評価としては ★★☆☆☆ って感じ。

もっと具に工夫をすればまた違ってくるんだろうけど、キュウリとカイワレだけじゃ駄目なんすかね?

何を乗せれば美味しくなるのか誰か知ってたら教えてくだされ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土曜日)

ビビンネンミョン

我が家の食材倉庫に盛岡冷麺があったので作って食べてみた。

Dvc001113

器はソウル、南大門市場の露店で4000w(280円くらい)にて買ったステンレスのもの。
この露店、値段ごとに商品が置かれているので解りやすい。
一番左は廉価のスプーンが置かれていて、一番右のコーナーが最も高値なんだけどそれでも4000w。

Dvc001723

今週月曜の夜、新大久保の↑韓■広場という素敵なスーパーで見たら同じような器が1200円以上で売られていたので、この器はあちらで買って来て正解だった。

添付のタレと器は事前に冷蔵庫でキンキンに冷やしておいて、具のキュウリ、モヤシナムル、ゆで卵、市販のチャーシュー(ホントは茹でた牛スネ肉の薄切りを使う)、白菜キムチ、ワカメ(乾燥物を水で戻したものがあったので拝借)をチャチャっと用意。
麺は2分程茹でてザルにあけて良く水で洗って水切り。
まず、麺とタレだけを別のボールに入れて箸で良く混ぜてから撃つわによそって、具を適当に乗せて擦り白ごまとコチジャンを入れて完成。

Dvc001743 箸は仁寺洞で買った高級品です(;^_^A

具と麺を箸で良くビビン(混ぜて)して頂きました。
とても美味しかったのですが、メタボで食べ盛りのオイラとしては物足りなくて、もう一品作って食べてしまいました。

 

続きを読む "ビビンネンミョン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)