2008年7月 8日 (火曜日)

子供の写真

今日は小学校6年のせがれの保護者会があって、当初参加予定だった嫁から「まだ鎌倉出たばかりで時間に間に合わないからお願いします!」と言われたのが3時ちょい過ぎ。
「何時からなのさ?」と訊ねると、2時45分から全体会ですから って、開始時間過ぎてもう始まっちゃってるぢゃん!(´゚ω゚):;*.:;ブッ 
しかもまだ配送の途中だし~!!

で、配送終わって自宅に直行して朝から汗掻きまくって酸っぱいような加齢のようなかほりを発するシャツだけ取り替えて会社に戻り、「保護者会に行って来るからよろしく」と伝えて徒歩で学校に到着すると、全体会が終わって大意区間で学年会をやらかしてると聞いて速攻で体育館に入って記帳、資料を手に取り着席。
今日はお父さん一人も居なくて皆さんお母様ざました。

30分程して全体会も終わり、お次は教室でクラスの父母会ってやつ?
その前に今日俺が学校に出向いた主目的で有る、せがれの移動教室の写真を選択するという作業をやっつけなければならない。

6年生の教室前廊下に張り出された、デジカメで写してプリンタでアウトプットされたと思われる写真がズラズラズラ~と有りまして、6年生3クラスしか無いにもかかわらず800ショット以上ものプリント(あえて写真とは言わない)に端から目を通してせがれが写っていると思われる画像の№をメモっていく。
露出は悪く無いので、結構良い機材を使っているのは画像を見て伺えるが、写真の構図を見る限り、プロフェッショナルのカメラマンが同行したとは言い難い、素人が撮りました!と言う写真。

1枚 100円って どういうことですか(゜ι_゜)ン?

しかも、必ず一枚は購入しなければいけないキャビネ版の集合写真は@450円って・・

あたしもね、こないだ消防団の旅行で何人かが撮った画像をプリントする係になっていたので、いつものDPE宅配便にお願いして、ゆっくり仕上げで発注の3日目に届いた請求明細が↓これ。
Lサイズ★割引×152
2Lサイズ×42
送料(180)×1
----------------
小 計 : 4,104 円
各種割引合計 : -180 円(内消費税) : 186 円
合 計 : 3,924 円
送付方法:ゆっくり仕上げ

お支払方法:コンビニ

入金期限:2008/07/10

100円で領付されるLサイズのプリントが@12円でプリント出きて、
450円で領付されるキャビネサイズも@50円ですから。

あたしが買おうと思ったせがれの写ってる写真は
       Lサイズ19枚=1900円
キャビネサイズ4枚=1800円
                    合計で3600円ざます~!

オイラがガキのころ、遠足でも移動教室でもカメラ持参はOK。
遠足が終わって暫くすると、廊下に写真が張り出されて、今と同じように番号書いて申し込むんだけど、こんなボッタクリの値段では無かったですけど。
今は遠足や移動教室にゃカメラ持ち込み禁止。学校が売り出す写真しか買えないのよね。

誰が写真撮って現像(プリント?)してるのか知らないけど、ちょっと儲け過ぎじゃ有りません?
わざわざ担任に電話するのも何なんで、次回親の集まりがあったら是非問うてみようかと思いますわ。

こんなオイラってモンスターペアレントなのかしら?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木曜日)

人身事故

本日午前10時56分頃、一方通行の道路を走行中にこちら側が優先の十字路で右側から一時停止せずに飛び出して来た自転車とこちらの右前部が衝突。
自転車の20代男性は転倒して肘に擦り傷が有り、脇腹も痛いと訴えたのですぐに119番通報し、続けて110番にも通報。
救急車で運ばれた男性の診断は、二カ所の打撲で全治一週間。

たいした事が無くてほっとしたが、自転車の男性は耳にシリコンオーディオのイヤホンを入れており、交差する道路の車の確認などせずにノーブレーキで進入してきたわけだからぶつけてしまったこちらは全くもって良い迷惑。

現場で1時間近く検証に付き合い、その足で救急搬送された病院に出向いて怪我の様子を確認するも、レントゲンの診断が出ていないのでその場を離れ、自動車部品屋に行って割れてしまった右のミラーを購入。
一度会社に戻り簡単に事故の状況を説明して、相手と一緒に警察署で事情聴取が有るのでまた病院に戻ってみると、まだ診察が完了していないとの事で付近路上で待機。
20分程で診察終了の連絡を受けて、即座に迎えに行き助手席に乗せて警察署へ行く。
受付で交通課に呼ばれた事情を話すと、椅子に座って待って下さいとの事で待つこと10分程。受付嬢がこちらに来て「係の者が別の事故で現場に出てしまい、戻るのがいつになるのか判らない」と言うので、それでは後ほど相手方、事故係と連絡を取り合って出直すことにして、事故相手を自転車が置かれたままの現場まで送り、再び会社に戻る。
この時点で時間は1時30分頃。

昼食を食べて良いか?と同僚の弟に訊くと「急ぎの配送が有るから食事は後にしてくれ」と・・
1時間弱の配送から戻って遅い昼の休憩。
その後少し仕事をして会社で加入している車の保険会社に事故の報告。

仕事が終えて自宅に帰り、事故の相手と警察署の事故担当に連絡を取って事情聴取をすべく警察署へ出向いた。
交通課の有る階にエレベーターで上がり、部屋に入ろうとすると事故相手が先に到着していたようで、別々に話を聞くから部屋の外で待つように言われたので10分程廊下で待機。
相手方の聴取が終わったので入れ替わりでオイラが事情聴取を受ける番となり、まずは事故直後に作成した現場の見取り図を見せられて間違いが無いかと聞かれたので、それで良いと答える。
で、事故当時の簡単な状況を口頭で話し、それを事故係が調書に書く。
今回の事故が起こった原因は何だと思うか?と訊かれたので、よほど「相手が飛び出して来なければ事故は起きなかった」と言いたかったが、事故係は俺の責任を問いたいようなので、仕方なくあちらが言う通りの「交差点付近での徐行が無かったから」という事にしておいた。
横断歩道も無いような交差点でいちいち徐行してられるかよ?ってのが本音ね。

もし、俺が一瞬よそ見をしていて自転車に気付くのが遅くなってブレーキを踏むのが遅れたり、あと少し速度を出していたりしたら、かなり悲惨な事故になってしまっただろう。
30キロ程度の速度で走っていて、自転車に気付いてブレーキを踏んで10メートルほどで完全に停まり、軽く当たった程度だったから良かった。

もしかすると検察庁から呼び出しが掛かるそうで、もしかするとお咎めは無いかも知れないとのこと。起訴となった場合12万円の罰金刑だよ。
しかし行政処分はしっかりあって、交通違反の基礎知識によると障害事故の場合(今回は全治1週間なので15日未満適用)責任の程度がもっぱら(意味が良くわからん・・)の場合は3点で、それ以外は2点。
それにプラスして安全運転義務違反が2点は付くので4点か5点を頂くことになる。(-.-;)

事故は一瞬、怪我は一生。
歩くときも自転車、バイクに乗るときも車を運転するときも気を付けようね~!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木曜日)

時間を返してけれ

昨日の話ですが・・

時間は午前10時30分過ぎ。
場所は都内○田区と品○区の境辺りの対面通行細い道。
天候は雨。

得意先に到着して車を降り、仕事開始。
在庫確認して車から納品する品物を降ろしに行こうとすると、やせ形の30代半ばの女性が「今、車をこすりませんでしたか?」と俺に訊ねる。

得意先に着く直前、細い道ですれ違ったボルボは確認していたが、すれ違いざまの接触は全く無しとミラーでも確認していた俺。
相手が擦られたと言う部分を確認しに雨の中小走りで相手のボルボ右後部フェンダーの傷を見た。
タイヤ設置面からの傷付いたボディの位置を自分の足に覚えさせ、自分のトラックに行ってみる。

が、俺の車には接触した形跡が全く無いので相手に「私は当てた覚えが有りませんけど?」と伝えると、「ちょっと待っていて下さい」と言ってその場から居なくなったので仕事の続きをしつつ、得意先に「あの方は店のお客さんですか?」と訊くと、良く来てくれるお得意さんだと言うので、下手な言動はこの先慎まなければと思ったのだ。

すぐ近所に済んで居るらしいのだがなかなか現れず、しばし待つと乳母車に乳児を乗せた姑を伴って現れ、その小太りの決して美形では無い姑が開口一番「あんたがぶつけたの?弁償してね!!」とまくしたてる。
「私は当ててませんよ」と言うが、そんな相手が納得する訳もなく、店の電話を借りて110番。
「車をぶつけられて傷付けられたんです。すぐに来て下さい」だとさ。

雨の中を自転車で若い警官が到着。
一通り双方から事情を訊くも判断出来ず状態。
無線で応援を求め少し上の階級の警官がやって来る。
その間に俺は時間が掛かりそうだと判断し、俺がするべき午後の仕事が難しい旨を伝えてうまくやりくりしてもらうよう会社に電話して頼んださ。

後から来た警官が自宅車庫に置いて来てしまった相手の車を持って来るよう要請し、相手車が来るとやっとメジャーを取り出してお互いの車に付いた傷の位置確認を始めるが、こちらの車には接触した跡が全く無いのだよ。
警官曰く、「衝突現場を目撃していない私の判断では何とも言えませんが、トラックの方に接触した場所が無いので、もしかしたら別の場所で何かに当てた記憶は有りませんか?」と相手の女に言うが、相手のヒステリ女は「ぶつかった衝撃があったから私はこの人にわざわざ車を停めて声を掛けたんです。大体この人もぶつけたと思ったからここに車を停めたんでしょう?私は他の場所でぶつけた覚えは有りません!」
俺は得意先に着いたから車停めただけなんですけど・・

その間も醜い姑は大声で俺を罵倒し続けるし、警官の言うことにも全く耳を貸さないヒステリー女に対して俺は完全に開き直って無感情になっていたよ。

「交通事故捜査に関しての専門家がこちらに向かうそうですから、その判断を仰ぐことで宜しいでしょうか?」と警官が相手のヒステリー女に尋ねると、それに従うと言うので更に捜査官到着まで雨の中を待つ!

捜査官2名が到着。
結論として、女のボルボに付いた傷は俺のトラックとの接触による傷ではなく、別の要因で傷ついたものと断定。
理由として、ボルボのボディに付いた傷は2種類有り、そのひとつは後方からの接触で無いと出来得ないもの。もうひとつの螺旋状に付いた傷もすれ違い様に付く傷では無い。そして俺のトラックには接触した痕跡が全く無いこと。

メジャーを持って傷の付いた位置を確認し、お互いの車を何度何度も行ったり来たりして説明しているのにまだ相手の馬鹿女は納得しない。

「確かにすれ違った時に衝撃があったんだけど・・・」

早く仕事に戻りたいし、時間も昼過ぎになっちゃって腹も減ってるんだよこっちは!

やっと相手が納得してくれたのは、警官が提案した「相手不肖の接触事故で事故証明を出しますから、もし車の傷を修理されるのでしたらご自分の加入している保険で修理して下さい」との言葉。

最終的に俺は全くの無罪で、濡れ衣、冤罪よ。
この場所に到着してから3時間近くが経とうとしていたのに、馬鹿ヒステリー女は俺に対して一言の詫びも無い!!!!
人にとって時間がどれだけ大切なことを知っているのか?この馬鹿女!!!!!

ガイキチ姑は知らぬ間に居なくなっていたし。。。

参考までに傷の具合を携帯で撮っておいたので画像をお見せしときましょう。

続きを読む "時間を返してけれ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)